旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

なぜディズニーランドは長時間歩いても疲れないのか?

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2018/03/07

先日掲載の記事『【衝撃】ディズニーランドの入口が1つなのは深い理由があった!』が大きな反響を呼んだ無料メルマガ『時間短縮! kaoluのある得大メルマガ!』。今回も著者のkaoluさんが、さらなるディズニーランドの秘密について紹介しています。そう言えばディズニーランド、いくら歩いても「歩き疲れた」という気がしませんよね。どうして?

 

歩き疲れないディズニーランド

ディズニーランドでのゲストの平均滞在時間は8時間。ものすごいロングなステイですよね? 他のテーマパークとは比べ物にならない長さです。

その理由はいくつかあります。アトラクションやエンターテインメントの数の多さ。夜にしか見れないエレクトリカルパレードなどの魅力的なイベントが開催される。時間を忘れさせる工夫があちこちに施されている。立地している新浦安には、ディズニー関連以外の流出施設が少ない。キャストがゲストを主役として扱っているので居心地がいい

そして、一番大きなリーズンはこちらなんじゃないか! と私は思います。それは、歩き疲れにくい…ということ。疲れてくると、当然のことながら、そろそろ帰ろうか…、となるわけで…。このゲスト思いのハピネスワールドには、そこまで気遣いが行き届いていたの。

dl20170815

東京ディズニーランドの地面には歩行のショックを吸収する特殊な加工が施されている。だから長い間歩き回っても疲れにくい。

隣接するディズニーシーでは、リアリティーを重視する石畳なんかがあるので、ランドに比べると、ショックの吸収性は弱いエリアが多いけれど…、その代わりに園内を歩くことなく移動できるように様々な乗り物が設置されている。

滞在時間が長ければ、飲食、土産購入等、売上が大きく伸びることは言うまでもありません。

image by:naoyuki miyamoto/Flickr

 

『時間短縮! kaoluのある得大メルマガ!』

仲睦まじい夫婦のことをオシドリ夫婦なんていったりいたしますが、実はオシドリがカップルで過ごす期間は非常に限られていて繁殖シーズンのたび相手を変えるそう。そんな知らなかった雑学や日常のあるあるに加えて、あなたの時間を短縮できそうな有益な情報、お得な情報をお届けしていきます。

 

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

なぜディズニーランドは長時間歩いても疲れないのか?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 東京 なぜディズニーランドの入口は1つなのか?そこに隠された深いワケ ★ 101
 長崎 ガンダム、行きまぁす。ハウステンボスに「ロボットの王国」が出現 ★ 16
 兵庫 玉ねぎで島を盛り上げたい。淡路島の「おっタマげ」な活動が話題 ★ 132
 鳥取 真実はいつも1つ。鳥取の空港がもはや「コナン空港」だった ★ 53
 長野 【体験記】週末は贅沢な田舎を味わう。星野リゾート「界 アルプス」 ★ 12
 全国 【書評】里山にはきっと何かいる。恐怖に満ちた「人里と深山の境界」 ★ 31