旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

インドでカレーに飽きたなら。三井昌志が旅で出会った「食の風景」

三井昌志『素顔のアジア (たびそら・写真編)』
2018/05/31

今年3月に6回目のインド一周の旅を終えたばかりの、ナショナルジオグラフィック写真賞作家で無料メルマガ『素顔のアジア (たびそら・写真編)』著者の三井昌志さん。インドの食といえばなんといってもカレーですが、そればっかりだとさすがに飽きる……ということで、今回は旅の最中に食べたというカレー以外の軽食やスナックの数々をご紹介。また記事の最後には、年に一度のトークライブ「三井昌志・帰国報告会」「写真教室・初級編」の告知もありますので、こちらも要チェック!

インドの食べ物(軽食・スナック編)

インドの食事は基本的にカレー。でもずっとカレーを食べ続けているとさすがに飽きてくるので、たまには違うメニューやスナック菓子、ジャンクフードなどを見つけて食べていた。

ドミノピザはインド最大規模のピザチェーン。大きな街に行けば必ずある。値段設定は高めなので、ときどきしか行かないけど、マサラ味を逃れたいときには強い味方。写真はデリーで食べたチキンティッカピザ・レギュラーサイズ、215ルピー。

インド製カップヌードル「リッチ・マトン・カレー味」。味はあまり期待していなかったが、なかなか美味しい。日本のカップヌードルのクセになる後味はないが、麺は日本製と同等で、スープも辛すぎず、マトンの味もちゃんとする。50ルピー(90円)はやや高価。量も少なめだ。

インドのチョコビスケット「DEUCE」は、あの「アルフォート」そっくりの味で、とても美味しい。ビスケットの塩気と、ホワイトチョコがすごく合うのだ。量が少ないわりに30ルピーと高額なので、地方の街ではなかなか売っていないが、グルガオンのスーパーでついに発見。3袋購入しました。

息苦しいほど暑いインドの暑季をやり過ごすのに欠かせないのがかき氷毒々しいまでにカラフルな着色料たっぷりのシロップをかけてもらって、少女はご満悦の表情。

ドーサ専門店で、チーズ・ナイロン・ドーサを食べる。文字通りナイロンのように極薄に焼いたクリスピーなドーサに、たっぷりとチーズを載せてある。チーズとドーサ生地はどちらも発酵食品だから相性がいい。ドーサでありながらドーサでない、新感覚のスナック。55ルピー。

ラジャスタン州にあるレストランでタンドリーチキン(170ルピー)にかぶりつくと、肉のうまみが口いっぱいに広がった。インド北西部はベジタリアン食堂ばかりなので、久しぶりの肉だ。やっぱり、肉を食べると元気が出る。

インドの街角で売られている定番のスナック「パニプリ」。全粒粉の生地をピンポン球状に揚げたプリの中に、ひよこ豆、ジャガイモ、タマネギなどを入れ、スパイシーな緑色の冷たいジュースを入れてから、パクッと一口で食べる。実にインドらしい不思議な味「美味しいか?」と聞かれて「うーん」と唸ってしまった。

「三井昌志・帰国報告会」「写真教室・初級編」開催!

来る6月17日に、三井さんの貴重な話が直接聞ける年に一度のトークライブ「三井昌志・帰国報告会」東京・渋谷で開催されます。

トークテーマは、昨年11月から今年3月にかけて旅したミャンマーとインドについて。ツイッターやブログなどには書いていない新鮮なネタばかり!ということで、どんな話題が飛び出すやら今からかなり楽しみです。

また、トークライブ終了後には「写真教室・初級編」も開講。写真初心者に向けて、「最低限知っておきたい知識」「いい写真を撮るための心構え」をレクチャーする内容とのことで、ナショジオ賞作家に直接教えてもらえる貴重な機会となりそうです!

【トークライブの日時と場所】
2018年6月17日(日) 11:30~13:45(11:15受付開始)
渋谷駅から徒歩8分 [モンベル渋谷店5Fサロン](地図)
参加費用:2500円
※報告会終了後には「写真教室・初級編」を行います。

なお「帰国報告会」「写真教室・初級編」は、この渋谷を皮切りに福岡(6月24日)名古屋(6月30日)大阪(7月1日)でも開催。いずれも事前申し込み制で、定員に達し次第締め切りとなるので、気になる方はお早めにお申し込みを!

イベントの詳細、参加申し込み方法等はサイト「たびそら」をチェックしてください。

写真家・三井昌志が送るビジュアル・メルマガ。等身大のアジアの表情を、美しい写真と旅情溢れる文章で綴ります。このメルマガから生まれた本は「渋イケメンの国」「写真を撮るって、誰かに小さく恋することだと思う。」をはじめとして8冊を数えます。
公式サイト

インドでカレーに飽きたなら。三井昌志が旅で出会った「食の風景」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 海外 「ガンジス河でバタフライ」著者が教える、〝ひとり旅〟にオススメの場所 ★ 12
 大阪 いったいなぜ?「カレーパンで町おこし」をする東大阪市へ行ってきた ★ 476
 三重 きっかけは学校給食。三重県津市の名物になった巨大餃子「津ぎょうざ」 ★ 900
 東京 ふんわり+こんがり=新食感!台湾発ティースタンドの新作パオが超ぱんぱん ★ 181
 秋田 構想5年、誰もが秋田美人になれるかもしれない!?ご当地カレー誕生 ★ 154
 埼玉 知る人ぞ知る巨大建造物グルメ。埼玉県秩父市の浦山ダムカレーを食す ★ 86