旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

インドで日本人をダマし続ける「コルカタの詐欺師」その全手口

三井昌志『素顔のアジア (たびそら・写真編)』
2018/07/31

毎回、アジアの日常を切り取った躍動的な写真を届けてくださる、ナショナルジオグラフィック写真賞作家・三井昌志さん。今回の無料メルマガ『素顔のアジア(たびそら・写真編)』ではなんと、「あるインド旅行者家族から届いた相談メール」に返答する形で、当地で頻発する詐欺の手口を紹介。更に、「旅行中の家族が現地トラブルに巻き込まれた時どうすべきか」について、具体的事例をあげながら解説しています。

※本記事はMAG2 NEWSに掲載された記事です。

コルカタの詐欺師ラージ

インド東部の都市コルカタには、日本人旅行者に親しげに話しかけてきて「ガヤの近くの実家に一緒に行こう」と誘ってくるラージという詐欺師がいます。家族ぐるみで親しく付き合って信用させて、何日も後になってからあの手この手でお金をだまし取る(16万円も取られたという旅行者もいた)という狡猾な手を使ってくるのです。僕がこの「コルカタの詐欺師」についてブログに書いたのは2012年のことですが、この詐欺師は懲りることなく、警察に捕まることもなく、今もなお日本人旅行者を騙し続けています

この「コルカタの詐欺師」の現在について詳しく知ることになったのは、数日前に一通のメールを受け取ったからでした。差出人は今インドを旅している日本人旅行者の母親Aさんで、「息子がコルカタの詐欺師に騙されて行方不明になっている」という内容でした。文面が切実だったので、すぐに返事を書きました。

母親Aさんからのメール 1

三井様のブログを拝見し、初めてメールさせて頂きます。実は、インドへ行った息子と連絡が取れなくなり、色々とネットで検索をしていたところ、三井様の2012年のブログに行きあたりました。「コルカタで実家へ行こうと誘う詐欺師がいる」と言う記事です。息子からの連絡で、まさにそのような事を言っていたのです。

日本人の奥さんがいるインド人で名前はラージ」。野田に住んでいるが、ラマダンで実家に帰って来た。と言うことで、すっかり信用してしまったようです。6月10日にラージさんの実家に到着したようです。6月13日のLINEを最後に全く連絡がつかなくなりました。私が送ったLINEに既読もつきません

ラージさんの実家は田舎で、ネット環境が悪く、家畜を殺して村中で食べるような田舎だそうです。トイレも外(自然? の中)でするような電気もあまり使えないようなところなので、連絡が出来なくなるかも…と言っていたので、暫くは連絡が無い事を気にもしていなかったのですが、さすがに既読が付かないので、ラージさんの奥さんに聞けないか? とネットで野田に住んでいるインド人ラージと結婚している女性」と検索したら、「詐欺師」と言う書き込みが複数出てきたのです。

インドの大使館へも問い合わせていますが、ラージさんの実家の場所がわからないので、困っています。千葉県警へも連絡して、野田に住んでいる奥さんの連絡先を調べて貰っていますが、情報が少なすぎてわからないようです。

三井様がご存知のインドの情報がございましたら教えて頂けないでしょうか? 三井様のブログでは、その詐欺師はガヤの実家へ行こう」と誘っていると書かれていましたが、ガヤと言うところは、とても田舎ですか? どんな事でもいいので、教えて下さい。宜しくお願い致します。

写真家・三井昌志が送るビジュアル・メルマガ。等身大のアジアの表情を、美しい写真と旅情溢れる文章で綴ります。このメルマガから生まれた本は「渋イケメンの国」「写真を撮るって、誰かに小さく恋することだと思う。」をはじめとして8冊を数えます。
公式サイト

インドで日本人をダマし続ける「コルカタの詐欺師」その全手口
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 中国 ウォン・カーウァイも貸切。上海のエッジの効いたブティックホテル ★ 8
 中東/アフリカ フランス版のハワイ、日本人がまだ知らない世界遺産「レユニオン島」へ ★ 55
 海外 いいなチェコ。プラハ帰りに喜ばれるテッパンのお土産はコレ ★ 60
 ハワイ/グアム/サイパン 子連れでマラソンを走るなら、ハワイよりグアムがおすすめ! ★ 30
 インド インドでカレーに飽きたなら。三井昌志が旅で出会った「食の風景」 ★ 6
 アジア だからインドは侮れない。この国は、ギャップとカオスでできている ★ 120