旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

飲んだあとにラーメンはもう古い。いま食べたい「〆カフェ」グルメ

村田由美子
村田由美子
2019/03/23

春は歓送迎会やお花見の季節。普段よりお酒を飲む機会が増えれば、飲んだ後の「〆グルメ」を食べる機会も増えてきます。ラーメン、お茶漬け、うどんなど、お酒の後に食べたくなるグルメはさまざまありますが、現在の〆グルメトレンドはどのようになっているのでしょうか。

この度、外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」が毎月開催している、外食のプロフェッショナルを集め、外食トレンドを発表する「トレンド座談会」にて、「〆グルメ」の最新動向についてのレポートが発表されました。早速、その気になる内容をご紹介します。

飲んだ後はカフェメニューでしめる「〆カフェ派」が増加中

最新調査で「飲んだ後に食べたい『〆グルメ』」のトップは「アイスクリーム」となり、2016年12月に実施した同ランキングで1位だった「お茶漬け」は3位に。また同2位だった「ラーメン」は今回も2位でしたが、「うどん」(前回4位)や「おにぎり」(前回5位)など炭水化物メニューは順位を落としました

「アイスクリーム」を支持する理由としては「口がさっぱりするから」が目立ち、4位の「コーヒー・紅茶」の支持理由にも「さっぱりする」「口直しになる」が挙がっています。

昔と比べて〆シーンは変化し、飲んだ後はアイスクリームやコーヒーなどのカフェメニューでしめる「〆カフェ派」が増えていることがわかりますね。

「飲んだ後の『〆グルメ』はどんな場?」という質問では、「クールダウンができる場」がトップになりました。飲み会から帰宅するまでは「ゆっくり静かに過ごしたい」という人が多い様子です。飲み会の勢いそのままに盛り上がることを求めている人は全体の2割にも満たない結果となりました。

「〆グルメ」が多様化している背景には、〆を楽しめる業態のバラエティーが増えたことがあります。引き続き人気のラーメンやお茶漬けなどに加え、昨今の糖質制限ブームの影響もあり「〆に炭水化物を食べなくなった」という人も多い中、注目なのがやはり「〆カフェ」です。アイスクリームやケーキ、札幌発祥の〆(夜)パフェなどが人気ですね。

これからやってくる、春の宴会シーズン。大いにお酒を飲む人も多い中、帰宅前に人気のスイーツ店に行列が…そんなシーンも見られるかもしれません。2019年は、これまでに体験したことのない〆メニューに挑戦してみてはいかがでしょうか。

source:PR TIMES


image by:Yulia Grigoryeva/Shutterstock.com

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。 

ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

飲んだあとにラーメンはもう古い。いま食べたい「〆カフェ」グルメ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい