旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

【2019】京都らしさを感じる「紅葉ライトアップ」13選

KYOTO SIDE
KYOTO SIDE
2019/10/13

秋の京都といえばやっぱり“紅葉”ですね!明るい日差しの中で見る昼間の紅葉ももちろん綺麗ですが、ライトアップされた紅葉はまた別次元の美しさ。闇夜に煌めく紅葉は極上の美しさで私達を魅了します。

今回は、2019年・京都府内の絶景紅葉ライトアップのおすすめスポットをご紹介します♪

悠久の美に魅了されるプレミアムな時間

木津川市・海住山寺

10月20日(日)
15時~21時30分
©LEXTRIBE

南山城のお茶の開祖である慈心上人ゆかりの海住山寺。こちらではPremium Night 海住山寺 悠久」と称して、ライトアップと宇治茶の香りと味わいを感じることができるイベントが開催されます。
国宝・五重塔では特設ステージを設け、コンサートやアート作家のLEXTRIBEと舞踊家 河邉こずえさんによるコラボステージなどが行われます。また、奥の院ではお茶席(16:20~18:201000円)や本坊庭園のライトアップ、秘仏公開(1000円、18:00~21:00)も行われ、まさにプレミアムな時間!
こちらもJR木津駅(西口)・JR加茂駅(西口)からシャトルバスが出ていますよ♪

また、10月18・19日は本坊庭園、秘仏公開に加え、夜間特別拝観も行われます。(500円、17:00~19:00)
※18・19日はシャトルバスの運行がないのでご注意を。海住山寺の駐車場をご利用ください

■■INFORMATION■■
海住山寺
紅葉の見頃:11月中旬~下旬
所在地:木津川市加茂町例幣海住山20
問合わせ先:(一社)木津川市観光協会
電話:0774-73-8191
拝観時間:通常9:0016:30
料金:境内ライトアップ、五重塔ステージ無料

※本坊庭園ライトアップ・秘仏公開1000円、(公財)煎茶道方円流お茶席1000

お茶席申込:(公財)煎茶道方円流 井上 090-1139-1425
※来場者が多い場合は入場制限あり
※10月20日は海住山寺駐車場の利用不可

水面に映し出される「逆さモミジ」は息をのむ美しさ

精華町・けいはんな記念公園

11/2(土)〜11/24(日)の金・土・日・祝日
日没~21時(最終受付20時30分)

日本庭園をイメージした「水景園」、里山をイメージした「茅ぶきの森」など日本の里の風景をテーマにして造られたけいはんな記念公園。京都の庭師によって、しっかりと管理されているので、モミジ本来の美しさを損なうことなく樹冠を整姿し、苔や下草にも良好な成育環境が創り出されています。

水景園内の回遊式日本庭園(モミジ谷)には、およそ80本の紅葉があり、お庭を散策しながら、仰ぎ見るように楽しむことができます。お庭に隣接する、高さ10mの観月橋からモミジを見下ろすことが出来るのも、ここならでは!美しく配置されたモミジと小滝が織りなす庭の造形美。夜になると滝の流れが止まり、水面は水鏡となって、真っ赤に色づいたモミジの姿を映し出します。幻想的な夜の庭園散策はオススメ♪


■■INFORMATION■■
けいはんな記念公園
紅葉の見頃:11月中旬から下旬
所在地:相楽郡精華町精華台六丁目1番地
問合せ先:けいはんな記念公園管理事務所
電話:0774-93-1200
営業時間:通常@水景園 9:00~17:00(最終受付16:30)、ライトアップ@水景園 日没~21:00(最終受付20:30) 
料金:大人200円、小・中学生100円、満60歳以上は年齢証明書の提示で無料
※11月3日(日・祝)、11月17日(日)は無料開放日の為、入園無料
https://keihanna-park.net/event/momizi_1103/

樹齢約400年、高さ13mものイロハモミジが幻想的

亀岡市・神藏寺(じんぞうじ)

11月7日(木)~14日(木)
18時~21時

亀岡市にある神藏寺では、伝教大師が開いたと伝えられ、国の重要文化財に指定されている薬師如来が安置されています。本堂前の樹齢400年のモミジは目を見張るほどの大きさで、ヤマモミジやイチョウなど、約150本の木が境内を赤や黄色に彩ります。11月9日(土)は音楽ライブが開催され、毎年恒例のオペラの公演が予定されています。 

■■INFORMATION■■
神藏寺
紅葉の見頃:11月上旬〜下旬 
所在地:亀岡市薭田野町佐伯岩谷ノ内院ノ芝60
電話:0771-23-5537
拝観時間:通常9:00〜17:00
拝観料金:300円
http://www.jinzouji.net/


参道から見事なヤマモミジ、ドウダンツツジがお出迎え

亀岡市・鋤山神社(くわやまじんじゃ)

11月8日(金)~10日(日)
17時~20時

「丹波の祇園祭」と呼ばれる「亀岡祭」が行われることで知られる鍬山神社。ヤマモミジや、ドウダンツツジのほか約800本もの眩い紅葉を目にすることができ、道路沿いの参道から見事な紅葉が出迎えてくれます。

京都府登録文化財で一間社流造りの鍬山宮本殿と八幡宮本殿などが、燃えるような赤色に包まれ、辺り一面に荘厳な雰囲気が漂います。本殿の隣にある心字池の周りには、回遊できる散策路があるので、紅葉を眺めながらお散歩できますよ。118日(金)17:00~は、境内にて二胡演奏会も開催。

■■INFORMATION■■
鍬山神社
紅葉の見頃:10月下旬〜11月中旬
所在地:亀岡市上矢田町上垣内22
電話:0771-22-1023
拝観時間:通常6:0018:00
拝観料金:300
http://www.kuwayama-jinjya.jp/

KYOTO SIDE

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

【2019】京都らしさを感じる「紅葉ライトアップ」13選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験