旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

京都府内の紅葉 寺院仏閣を中心とした穴場スポット16選【2019】

KYOTO SIDE
KYOTO SIDE
2019/10/19

秋は京都を一層美しくする季節――赤や朱色、オレンジ色に黄色など、秋色に彩られた京都の紅葉は、日本人のみならず世界中の人々を魅了しています。

今年の秋は、紅葉を愛でながら静かにゆっくり過ごしてみませんか? KYOTO SIDE編集部が厳選した、2019版・寺院仏閣を中心とした紅葉の穴場スポット16選をご紹介します!

足利尊氏出生の地で見る茅葺き✕もみじ 安国寺

紅葉見頃:11月上旬〜下旬 

綾部市にある安国寺は、14世紀半ばに室町幕府の初代将軍である足利尊氏が創建したとされる、茅葺き屋根が印象的な風情ある寺院です。境内にある100本の紅葉が色づく秋には、多くの観光客が訪れる紅葉の名所でもあります。

足利尊氏の生誕の地と伝わる安国寺には、尊氏の母も子宝祈願したといわれる地蔵菩薩があり、現在も子安地蔵として信仰を集めています。国の重要文化財も多数所蔵し、境内には尊氏の産湯井戸やお墓もある安国寺で、もみじと一緒に歴史散策はいかがでしょうか?

■■INFORMATION■■
安国寺
住所:京都府綾部市安国寺町寺ノ段1
TEL:0773-44-1565
拝観時間:拝観自由(内拝観は早めに要予約)・冬期(10月~3月)8:30~17:00/夏期(4月~9月)8:00~18:00
拝観料:境内自由(ただし内拝観の場合は志納金300円)

感動の紅葉美 大本神苑 

【見頃】11月中旬 

明治25年に綾部市で開教された民衆宗教の境内地であり、広大な敷地面積を誇る大本神苑。20世紀最大級といわれる木造建築「長生殿」や、国の重要文化財「木の花庵」もあり、多くの観光客が訪れる、綾部を代表する観光スポットになっています。

広大な敷地を誇る庭園では、色とりどりの紅葉と常緑のコントラストが随所に見られ、圧巻の光景が広がります。趣のある建物を見ながら、秋色に染まった気品あふれる美庭を歩いてみましょう。

■■INFORMATION■■
大本神苑
住所:京都府綾部市本宮町1-1
TEL:0773-42-0187
拝観時間/拝観料:境内自由(※神殿内部の見学は予約が必要です)

紅葉に包まれる!?新感覚の紅葉座禅 正暦寺

【見頃】11月中旬

綾部市の正暦寺は、平安中期に空也上人が自ら彫った観音像を祀ったことに始まるという古刹です。正暦寺では宿坊に泊まると、好きな場所で座禅体験することができます。


室内外問わないので、お堂の裏に広がる紅葉スポットで座禅をすることも可能なのだとか!しかも、夕食にはご住職の手によるホテル顔負けのコース料理まで楽しめます。他では体験できない、スペシャルな紅葉アクティビティを満喫してみませんか?
■■INFORMATION■■
正暦寺
住所 京都府綾部市寺町堂ノ前45
電話 0773-42-0980
料金 「住職のおだいどこ 食べることと呼吸のおはなし」2万円〜
HP https://www.shourekiji.com/
※宿坊は1日1組限定


福知山十景で贅沢な時間を過ごす 長安寺

【見頃】11月上旬~下旬

福知山十景に数えられる臨済宗南禅寺派のお寺。「丹波のもみじ寺」と呼ばれるほど、広い境内を彩る紅葉は風情があります。

また、境内一帯の真っ赤な紅葉の中、心経堂近くの樹齢約600年にも及ぶ「授乳のイチョウ」の黄色が絶妙なアクセントを加えます。

毎年11月の第2日曜に行われるもみじ祭りでは、茶会やお琴と尺八の演奏が行われます。紅葉に包まれながら優雅な時間を過ごしてみては?

■INFORMATION■
長安寺
福知山市奥野部577
0773-22-8768
9:00~16:30
300円

山寺を彩る錦秋のモミジ 玉雲寺

【見頃】11月中旬~下旬

丹波ICを降りて約5分のところに玉雲寺があります。1416(応永23)年に創建された曹洞宗のお寺で、山寺らしい静かな雰囲気が漂います。表参道の階段を登ると紅葉に包まれた見事な楼門が現れ、その迫力に圧倒されます。

境内の至る所で紅葉が見られ、荘厳な本堂と極彩色のモミジの組み合わせに写真に収めるファンも多いのだそう。晩秋の散紅葉も必見。

■INFORMATION■
玉雲寺
船井郡京丹波町市森滝見9
0771-82-0628
境内自由
無料

KYOTO SIDE

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

京都府内の紅葉 寺院仏閣を中心とした穴場スポット16選【2019】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験