旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

天橋立のお土産にしたい可愛いスイーツが続々登場!

KYOTO SIDE
KYOTO SIDE
2019/10/30

旅のお土産って、何を買ったらいいのか結構、悩むものですよね。宮津市の天橋立を旅したら、こんなスイーツをお土産に買うのはいかがでしょう。渡したら話も盛り上がることまちがいなしの最新!天橋立スイーツをご紹介します~。

天橋立オリジナルスイーツが満載!HAMAKAZE Café

緑の松並木がロールケーキに

「天橋立ロール」1カット220円。「天橋立ロングロール」(カットなし)の発売は11月中を予定

天橋立スイーツを求めてまず伺ったのは、宮津の道の駅「海の京都 宮津」内にあるHAMAKAZE Caféさん。パスタが美味しいことでも知られるカフェですよね。

こちらには、いくつか天橋立スイーツがあるのですが、最初にご紹介するのは「天橋立ロングロール」。なんと長さは32㎝。天橋立の全長3.2㎞にちなんでいるんですって。

こんもりとした松並木を表現しているのは地元の老舗茶舗・磯野開化堂がセレクトした抹茶。生地に欠かせない卵は「海の京都」エリアにある綾部市のもの

しっとりと弾力のある生地に焼き上げ、甘さ控えめの純生クリームをたっぷり巻いています。

天橋立の景色を小瓶に詰めて

「天橋立チーズケーキ」と「丹後の渚ジュレ」各420円

続いては「丹後の渚ジュレ」と「天橋立チーズケーキ」。天橋立の海と白砂を思わせる「丹後の渚ジュレ」のブルーは爽やかなグレープフルーツ味。

白砂をイメージしたパンナコッタにはバニラと京丹後市の夕日ヶ浦の塩を効かせ、ほのかなしょっぱさが新鮮です。ジュレとパンナコッタ別々に食べても美味しいのですが、合わせると、あら不思議! 優しく、まったりとした味わいに変身し、1度で3度楽しいスイーツです。

もう一つは、天橋立の白砂青松をイメージした「天橋立チーズケーキ」。あれ、ラベルが逆さま? これ、天橋立の股のぞきをイメージしているんです。抹茶ムースとチーズケーキは空気を含んでふわっふわ。軽くて美味しい~♪

智恵の輪

ちなみに、この瓶の形は天橋立にある「智恵の輪」をイメージしているんですって。


三角で大江山を表現

ところでラベルに書いてある「マダフミモミズ」の文字、気になりませんか? 百人一首の「大江山 いく野の道も遠ければ まだふみもみず 天の橋立」という小式部内侍がよんだ宮津市民にはお馴染みの歌からとっているんですって。

「大江山へ行く野の道は遠いので、まだ行ったことはありません。さらに先の天の橋立も踏みしめていません。もちろん丹後にいる母からの手紙もみていません。」という意味。

まだ宮津を訪れたことのない人にも宮津に来てみたいと思ってもらえるように、「文(フミ)」のような役割になりたい、という想いで立ち上げたオリジナルブランドです。

いろいろなメッセージが込められているので手土産にしたら、あれこれ話に花が咲きそうですね(日持ちはチーズケーキが3日、ジュレ2日)。

松ぼっくりが、あのスイーツに?

松ぼっくりシュー270円

天橋立といえば松並木。松並木といえば松ぼっくりがつきもの。そう、こちらはシュー生地で松ぼっくりを表現した、その名も「松ぼっくりシュー」。パティシェさんにお話を伺うと、松傘の形を出すのにとっても苦労したんですって。

上には松の実を刻んでトッピング。これがザクッ、バリっとした食感になっているんです。中は濃い目のカスタードと生クリームのダブルクリーム。テイクアウトをして松並木で食べるのも楽しそう~♪

■■INFORMARION■■
HAMAKAZE Café 
住所:京都府宮津市字浜町3008 道の駅「海の京都 宮津」おさかなキッチンみやづ内
営業時間:10:00~23:00(LO22:30)※火曜のみ~17:00
カフェタイム 10:00~17:00(ランチは11:00~15:00)
バータイム 17:00~23:00(LO 22:30)
定休日:水曜休

道の駅やホテルでぜひゲットしたい!天橋立キャンディ

太陽に透かせてみよう! ステンドグラスみたいなスイーツ

天橋立キャンディ370円

続いては、宮津の道の駅「海の京都宮津 まごころ市」や天橋立文殊エリアのホテルや旅館、お土産物屋さんなどで販売している「天橋立キャンディ」。宮津市在住の多賀美紀さんが考案したキャンディです。

近年、国内だけでなく、海外からのお客様も多い天橋立。「一目で天橋立だと分かって、色使いがかわいくて、バラマキやすいお土産があったらいいのに…」と思っていた多賀さん。無いなら作ってしまおう!と、多賀さんのアイディアと心遣い満載の飴なんです。

パッケージがかわいいので渡す時にもテンションがあがるのですが、この飴の本領を発揮するのはこれから。食べる前に太陽に透かすと、ほら、ステンドグラスみたい!!!

ものすごくキレイ~。これは1つずつ組み飴(金太郎飴と同じ)という技術を持つ職人さんが作っているんですって。食べるのがもったいないけれど、この飴、おいしいです。お値段も370円と手ごろなので、会社や友達へのお土産にぴったり。

 さらにアイディアが光るのがココ! パッケージのリボンをゴムに通すと髪飾りになっちゃうんです。リボンは丹後ちりめん製。「天橋立だけでなく、丹後ちりめんも知っていただけたらと思って」と多賀さん。

キャンディのお味はグレープ味とレモン味の2種類。思わず2個買いしたくなっちゃいますね。

 ■■INFORMARION■■
天橋立キャンディの取り扱い個所
【宮津市街エリア】
道の駅 海の京都宮津 まごころ市
ホテル&リゾート京都宮津(旧宮津ロイヤルホテル)
ミップル、など

【天橋立 文殊エリア】
天橋立ビューランド
松和物産、など

 【天橋立 傘松公園エリア】
成相寺(美人茶寮)
橋立大丸シーサイドセンター、など

【与謝野エリア】
橋立ベイホテル、など

  • source:KYOTO SIDE
  • ※掲載時点の情報です。内容は変更になる可能性があります。
KYOTO SIDE

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

天橋立のお土産にしたい可愛いスイーツが続々登場!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験