旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ただ乗るだけじゃもったいない。2019年に注目のアウトドアアクティビティ3選

TRiP EDiTOR ニュース
2019/02/20

2019年はゴールデンウィーク(以下、GW)が10連休になることが大きな話題となりました。しかし、最大10連休となると、ただ旅行に行くというよりは、その地で「何をして過ごすか」が重要になってきます。

そしてこの度、アウトドア専用予約サイト「SOTOASOBI」の創設者である、そとあそび研究家・山本貴義氏が、2019年におすすめのアウトドアアクティビティを3つ発表しました。

旅行先での過ごし方の選択肢が広がるトレンドアクティビティ、さっそくご紹介します。

1.世界中で人気のSUP(スタンドアップ・パドル・ボード)

最近、世界中で人気を集めている「SUP」をご存じでしょうか。もともとハワイのサーファーが起源と言われており、ボードの上に立ってパドルを漕いで進んでいくアクィビティです。ボードの上でバランスを取りながら漕いでいくため、全身の筋肉を使うのでかなりいい運動になりますよ。

サーフボードに比べると幅が広く安定しているので、波乗りだけでなくボードの上でエクササイズやヨガなども楽しむことができます。自分なりの楽しみ方を探してみるのもおすすめです。

2.SUP・カヤック・カヌーに乗ってフィッシングを楽しむ

最近は人気のSUPに乗ってフィッシングを楽しむ人も多くなってきています。ですから、2019年は「SUPをする」だけではなく、「SUPで何をするか」の選択肢が広がり、楽しさもさらに加速していくと山本氏は予想しています。

SUPだけでなく、カヤック・カヌーなど自分でコントロールする乗り物で釣りを体験するツアーも、徐々に増えていっています。道具が必要な釣りは、なかなか初心者が手を出しづらいものですが、ガイド付きのツアーであれば、プロがレクチャーやサポートをしてくれるので、まったくやったことがなくても安心です。

また、釣り道具を持っていなくても、道具のレンタルができるツアーもあり、気軽に楽しむことができるのも大きな魅力のひとつです。

3.ライセンス不要で気軽に水中世界を体験「スキンダイビング」

スキンダイビング」は、スキューバダイビングのように酸素ボンベなどの機材を使わずに、気軽に楽しむことができるダイビングのひとつ。わかりやすく言えば素潜りです。基本的にはライセンスもいらず、マスク・シュノーケル・フィンなどを使って、自由に楽しめるところが大きな魅力です。


正しい潜り方やコツさえ習得すれば、誰にでも楽に潜ることができ、水中世界を丸ごと味わえちゃいます。スキューバダイビングは少しハードルが高いと感じていた方も、2019年はスキンダイビングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

せっかくの大型連休がある2019年だからこそ、いつもはできないアウトドアアクティビティを体験できるチャンスです。ぜひ参考にして、GWを楽しみつくしてみてくださいね。

source:PR TIMES

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

ただ乗るだけじゃもったいない。2019年に注目のアウトドアアクティビティ3選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい