旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ひたすらの白と青。果てしなく続く、世界の美しき「白砂漠」4選

セカイの旅路
セカイの旅路
2019/07/12

真っ青な空を背景に、どこまでも続く真っ白な白砂漠。そんな日常とかけ離れた幻想的なスポットが、世界にはいくつか存在します。

今回は4つの果てしなく続く美しき「白砂漠」をご紹介いたします。まるで映画や童話の世界に迷い込んだかのようなその絶景に、ぜひ酔いしれてみてください。

ホワイトサンデューン/ベトナム

image by:Shutterstock.com

ベトナム南部にあるビーチリゾート「ムイネー」には、ホワイトサンデューン(白砂の砂)イエローサンデューン(黄砂の砂丘)、ふたつの砂丘があります。

ホワイトサンデューンのなかには美しい湖があり、白い砂と青い湖のコントラストは、絶景の一言。また、ここではボートノリや釣りなど、さまざまなアクティビティが楽しめます。

image by:Shutterstock.com

さらに見逃せないのが、4輪バギーで砂丘を走り回れること。砂丘の湖の美しさを堪能したあと、4輪バギーで思いっきり砂丘を走り回れば、日ごろのストレスや鬱憤も一気に解消します。

また、朝陽や夕陽の美しさも見逃せませんよ。アクセスは、ホーチミンからムイネーまでバスで約5時間ほどです。

ホワイトサンズ国定公園/アメリカ

image by:Shutterstock.com

アメリカのニューメキシコ州にある「ホワイトサンズ国定公園」は、標高約1,200mの地点にある大砂丘をメインとした国定公園で、アメリカ合衆国国定記念物に指定されています。

砂丘の面積は約580平方キロメートルで、砂は石膏でできています。石膏は熱を吸収しにくいので、日中でも裸足で歩くことができるんだとか。石膏の砂は非常に白く、写真によっては雪と見まごうこともあるほど。

ちなみに、同園には鳥類210種、哺乳類44種、爬虫類26種、植物60種の生息が確認されており、動物のほとんどは夜行性のため、日中は姿を見ることができません。


アメリカの国道70号線と国道82号線に面しているため、東の街であるアラモゴード、あるいは西の街であるラスクルーセスのどちらからでもいくことができます。

レンソイス・マラニャンセス国立公園/ブラジル

image by:Shutterstock.com

ブラジルのマラニャン州にある「レンソイス・マラニャンセス国立公園」は、15万5,000ヘクタールにわたる広大な砂丘を中心とした国立公園です。

「レンソイス・マラニャンセス」の「レンソンス」とはポルトガル語で「シーツ」という意味。つまり、「レンソイス・マラニャンセス」とは「マラニャンセス州のシーツ」ということです。

その名の通り、真っ白なシーツのような白い砂丘が続きます。砂はガラスのようなツヤのある石英(せきえい)100%でできており、それが太陽光に反射して白く見えるのです。

同所の見どころは真っ白な砂丘だけでなく、雨季になると地下水が増量して、数多くの湖が現れること。これらの湖には魚が生息していますが、乾期にはどうやって生きているのか、はっきりわかっていないのだとか。

日本からの直行便はないため、一般的にアメリカの主要都市で乗り継ぎ約26時間30分でサンパウロまで行き、さらに乗り換えてサン・ルイスに約3時間30分かけて到着。そこからバスでレンソイス・マラニャンセス国立公園に最も近いバヘリーニャスまで、約4時間と長時間の移動が必要です。


ホワイトデザート/エジプト

image by:Shutterstock.com

エジプトのサハラ砂漠から続く西方砂漠にある「ホワイトデザート」は、見渡す限り一面の砂、砂、砂…

ただ、ほかのスポットと違うのは、キノコやライオン、鳥などまるで人の手で使ったかのような奇石群があること。

これらは風の浸食にできたそうですが、実際に観てみるととても自然に作られたとは思えないほど、奇妙な形をしています。

また、夜の景色も絶品で、美しい星空をバックにした奇石群は、まるで別の惑星に来たかのような気分にさせてくれます。アクセスは、首都カイロから南へ約450kmです。

日常ではとても体験することのできない、一面の砂の世界。非常にシンプルですが、そこがミソ。

自然の生活の原点ともいうべき環境に身を置いて自分を見つめ直せば新たな人生の目標が見えてくるかも。もちろん、砂丘ならではのアクティビティを楽しむことも忘れてはいけませんね。

  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

高校卒業から100カ国近くを旅した元バックパッカー。関西の編集プロダクションを経てフリーに。現在はタイを拠点にフリーの編集・ライターをしています。みんな、旅に出よう!

ひたすらの白と青。果てしなく続く、世界の美しき「白砂漠」4選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい