旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

一度は見たい。黒部ダムの「観光放水」と120%満喫できる楽しみ方

Array
2022/06/19

ダムに近づく!鑑賞スポットがたくさん

image by:Shutterstock.com

黒部ダムは展望台から楽しめるだけではありません。敷地内のあちこちに展望スポットが設けられており、それぞれ特徴があるので見逃さないようにしましょう。

まずは広い展望台から外階段を降りながら、ダムに近づいて行きます。次に現れる展望スポットが「放水観覧ステージ」です。

こちらはダムとほぼ同じ高さにあり、放水を下に見ることができます。ぐっとせり出した展望スポットなので、天候によっては立ち入りが制限されることも。

続いて放水口にもっとも近くなるのが「新展望広場・レインボーテラス」です。運がよければ放水で作られた虹を見ることができますよ。間近なので音が轟き、声が聞こえにくいほどです。迫力満点の放水を楽しみましょう。

壮大な工事の歴史にも触れよう

image by:Phuong D. Nguyen/Shutterstock.com

「世紀の難工事」といわれた黒部ダムの工事は、映画やドラマの題材として採用されることが多くありました。

電力不足を解消するために計画された黒部ダムの歴史に触れることができるのが、「新展望広場特設会場」の展示です。

建設の歴史をわかりやすくパネルや映像で展示されている他、黒部ダム建設を題材にした映画『黒部の太陽』で使用されたセットも合わせて展示されています。雰囲気のあるトンネルのなか、見ごたえのある展示がされているので必見です。

「ダムえん堤」を歩いて余すことこなく眺めよう

image by:Shutterstock.com

ダムの上を歩くのもお忘れなく。ゆるやかにカーブした黒部ダムのえん堤は長さ492mで、その上を余すところなく歩くことができます。

黒部ダム中心の表示がされている看板から下をのぞくと、ちょうど放水口の真上から放水の様子を見ることもできますよ。目の前に広がる「黒部湖」では遊覧船に乗船することも。さまざまな角度で巨大なダムを楽しみましょう。



食事は「ダムカレー」で決まり!

image by:Shutterstock.com

ダムの絶景を眺めながら一休みできるのがレストハウスです。軽食がいただけるレストランと無料の休憩所、お土産物屋さんなどが一緒になっていますよ。

黒部ダムの名物は、なんといっても「ダムカレー」。黒部ダムを模したご飯に、ほうれん草ピューレを加えて緑色にしたルウが人気の一品です。水面の緑色をほうれん草を加えて再現するなんて、こだわりが強く感じられますね。

スコップ型のスプーンや、ダムカレーのライスを形作るカレーライス型などおもしろいお土産もたくさん用意されています。

迫力満点の観光放水へ!

一度は行ってみたい「黒部ダム」。せっかく訪れるなら、迫力満点の観光放水の時期がおすすめです。見どころ満載、緑もあり、名物ありの黒部ダムは一日楽しむことができますよ。

ミシュラングリーンガイドにも選出された大自然のなか、これほど大きな人工物が現れる不思議な空間をぜひ満喫しに出かけてみましょう。

  • 黒部ダム
  • 富山県中新川郡立山町芦峅寺
  • 観光放水実施期間:6月26日〜10月15日
  • 公式サイト
  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

韓国出身の日韓ハーフ。東京在住。日本が好きすぎて大学を8年通っている。食べることとひとり旅が好き。お酒はそんなに強くない。

一度は見たい。黒部ダムの「観光放水」と120%満喫できる楽しみ方
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます