旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

【京都歴史探訪】徳川家康/徳川家ゆかりの地を訪ねて

Array
2022/08/24

桃山文化の豪華絢爛な装飾は必見

御香宮神社/京都市伏見区

伏見の七名水の一つ、石井の御香水が湧き出る古社「御香宮神社」。こちらの表門は、1622(元和8)年に伏見城の大手門が移築されたものと伝えられています。

何気なく通り過ぎてしまいそうですが、4つある蟇股(門の上部にある装飾)には、中国二十四考の物語が彫られているので、立ち止まってじっくり見るのもおすすめ。

表門から参道、拝殿と進むと見えてくるのが本殿です。

実は、御香宮神社は豊臣秀吉が伏見城を築城した際に、鬼門除けの神として城内に移されています。その後1605(慶長10)年、家康が神社を元の地に戻した際に、本殿を造営しました。

本殿はなんといっても鮮やかな彫像が特徴的。極彩色で飾られた装飾にはさまざまな動物がいるので、ぜひ観察してみてくださいね。

また、社名の由来となった御香水は本殿前にあり、現在もきれいな水が湧き出ています。家康の歴史を辿るとともに、桃山文化の名残も味わってみてください。

■■INFORMATION■■

御香宮神社
住所:京都府京都市伏見区御香宮門前町174
電話:075-611-0559
時間:9:00~16:00
拝観料:境内自由(石庭見学200円)
定休日:不定休
公式ホームページ

徳川家康を祀る由緒ある東照宮

金地院/京都市左京区

南禅寺の塔頭「金地院」の中興の祖である以心崇伝(いしんすうでん)という僧は、家康公の側近として活躍し、幕府の法律や外交などを担い江戸時代の礎をつくったことから「黒衣の宰相」とも呼ばれていました。


家康公は臨終の際、久能山(静岡)、日光(栃木)、南禅寺金地院の3カ所に東照宮を建てるようにと遺言を残しています。その遺言を受け、崇伝は1628(寛永5)年に金地院の境内に東照宮を建立し、家康公の遺髪と念持仏を納めました。

金地院には、名庭師・小堀遠州が作った庭(写真・国の特別名勝に指定)や、京都三名席(※)の1つに数えられる「八窓席(はっそうのせき)」があるなど、見どころが多いお寺です。

また、境内には伏見城から移築された方丈があり、こちらには狩野探幽・尚信(なおのぶ)兄弟の襖絵があります。家康公と縁が深い寺院を、じっくり散策してみてください。

※京都三名席……八窓席のほか、大徳寺孤篷庵「忘筌」、曼殊院の茶室「八窓軒」がある

■■INFORMATION■■

金地院
住所:京都府京都市左京区南禅寺福地町86-12
電話:075-771-3511
時間:9:00~17:00(12~2月は~16:30)
拝観料:500円(八窓席と方丈700円)※要予約
定休日:なし

約200kmを3日で駆け抜けた!?命がけの帰国旅

伊賀越え/山城エリア

家康が1603年に江戸幕府を開く前は、織田信長と同盟を結び、三河国(現在の愛知県)や遠江国(現在の静岡県)に勢力をのばしていました。

そんな中で勃発したのが本能寺の変です。1582(天正10)年6月2日に本能寺で信長が討たれた知らせを受けた家康は、堺(大阪)から信長がいる京都へ向かう途中でした。

自らの命も狙われていると知った家康は、安全のために三河国へ戻ることを決意。その時のことが「家康の伊賀越え」と言われています。

堺から山城エリアを1日かけて人々の手を借りながら進み、本能寺の変から2日後の6月4日に無事、三河岡崎城にたどり着きました。

KYOTO SIDEでは、家康が通ったと思われる京田辺市のルートを参考に、ガイドさんと歩いてみました(家康が通ったとされるルートについては諸説あります)。 

こちらの記事もぜひチェックしてみてくださいね▼

伊賀越えの道をめぐる ~徳川家康が走り抜けた京田辺市~

  • source:KYOTO SIDE
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

WebSite

【京都歴史探訪】徳川家康/徳川家ゆかりの地を訪ねて
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます