東京の紅葉はこれから見頃。12月まで美しい「紅葉スポット」6選

Array
2023/11/11

本格的な冬を目前に、やっと秋の気候になってきた今日このごろ。そんな季節の移り変わりを感じさせてくれるのが「紅葉」です。仕事の合間から休日の旅行先と、目に飛び込んでくる鮮やかな木々の美しさが、心を潤してくれるのではないでしょうか。

日本全国各地で紅葉を迎え、11月の半ばにもなると散り始めてしまう地域も多いですが、東京の紅葉の見頃は11月上旬からが本番。今から予定を立ててもまだまだ間に合います。

そこで今回は、東京のど真ん中に位置する大都会、「千代田区のおすすめの紅葉スポットをご紹介します。

日比谷公園/見頃 11月下旬〜12月上旬

image by:Shutterstock.com

多くのビジネスマンが行き交う千代田区で“オアシス”と称される「日比谷公園」。自然に溢れる都会の癒しスポットは、約16万平方メートルもの敷地面積に多彩な広葉樹が集まっていることでも有名です。

時期を迎えると、黄色のイチョウに赤のイロハモミジなどが次々と鮮やかに染まり、仕事のストレスも消えてゆくような美しい光景に。

中でも、水面に木々が反射する「雲形池(くもがたいけ)」や、S字型に伸びるイチョウ並木などは見逃せない絶景ポイントです。

  • 日比谷公園
  • 東京都千代田区日比谷公園1-6
  • 03-3501-6428(日比谷公園サービスセンター)
  • 霞ヶ関/日比谷
  • 入園料:無料
  • 定休日:なし※サービスセンター及び各施設は年末年始休業

靖國神社/見頃 11月下旬〜12月中旬

image by:PhotoAC

東京を代表する神社のひとつである「靖國神社」。圧巻の大鳥居をくぐると、約240mに渡って続く参道にイチョウの木がズラリと並び、黄金色に輝く神々しい絶景に出会うことができます。

御創立150年を記念し、令和元年に整備が行われた参道は一段と美しさを増し、一緒に石灯籠も並んでいるため雰囲気は抜群。

約25mもの高さを持つイチョウを見上げたり、散った葉で埋め尽くされた黄金色の絨毯を歩いたりと、存分に黄金の秋を体感できます。


  • 靖國神社
  • 東京都千代田区九段北3-1-1
  • 03-3261-8326(代表)
  • 九段下駅/飯田橋駅/市ヶ谷駅
  • 料金:無料(正式参拝、遊就館拝観は有料)
  • 定休日:なし
  • 6:00~17:00(1, 2, 11, 12月)/~18:00(3月〜10月)
  • 公式サイト

国会議事堂/見頃 11月中旬〜12月上旬

image by:KenSoftTHShutterstock.com

都内屈指の紅葉名所と名高い「国会議事堂」正面のイチョウ並木。国会議事堂の厳かで堂々たる外観と、真っ直ぐに整然と並ぶイチョウのコントラストは圧巻。政治の中心地であるスポットの醍醐味を実感できる光景となっています。

image by:PR TIMES

さらに、国会議事堂とほど近い「国会前庭」も紅葉スポットとして見逃せない場所。洋風に整えられた「北庭」と、回遊式の「南庭」に分かれており、さまざまな木々が鮮やかに色付く秋の庭園散策をじっくりと堪能することができます。

  • 国会議事堂
  • 東京都千代田区永田町1
  • 国会議事堂前駅

行幸通り/見頃 11月中旬〜12月上旬

image by:PR TIMES

東京駅の丸の内口より、皇居の「和田倉門」へと続く「行幸通り」。かつて、天皇陛下が「行幸」へと向かうために東京駅へと移動する道であったことから名付けられており、幅73mの広々とした道が魅力です。

通りは遊歩道となっているため、黄金に色付いたイチョウがズラリと並ぶ中を散歩したり、ベンチに座ってのんびりと紅葉を眺めたりすることも可能。華やかな東京駅の駅舎とイチョウの組み合わせも、見惚れてしまうこと間違いなし。

  • 行幸通り
  • 東京都千代田区丸の内2丁目2
  • 東京駅

北の丸公園/見頃 11月下旬〜12月上旬

image by:gary yimShutterstock.com

旧江戸城の北の丸に森林公園として作られ、1969年に入場が可能となった「北の丸公園」。里山に育つ木々を中心に、落葉樹や常緑樹など緑に満ちた広大な敷地が魅力のひとつで、50年以上をかけて森が形成され続けています。

西のエリアには「モミジ山」と名高いスポットがあり、その美しさは大変な評判に。ピーク時期には数万人もの観光客が訪れています。周辺には東京国立近代美術館をはじめとした文化施設やカフェなどもあり、1日かけて散歩をするのもオススメです。

  • 北の丸公園
  • 東京都千代田区北の丸公園1-1
  • 九段下駅/竹橋駅
  • 入園料:無料
  • 定休日:なし
  • 営業時間:常時開放

【番外編】千鳥ヶ淵緑道/見頃 3月下旬〜4月上旬

image by:PR TIMES

「1年に数日だけ見ることができる」と言われ、非常に貴重な「桜紅葉(さくらもみじ)」の名所として知られる「千鳥ヶ淵緑道」。北の丸公園に沿って広がる内堀エリアの緑道で、全長は約700mの遊歩道が整備されています。

約1,000本にのぼる桜の葉の部分が赤や黄色に染まるという桜紅葉は、散るころにはすぐに褐色化してしまうという儚い美しさが特徴。

落葉がお堀の水面を埋め尽くす光景は、まるで江戸時代にタイムスリップしたような風情を感じさせてくれます。

東京千鳥ヶ淵ライブカメラ

  • 千鳥ヶ淵緑道
  • 東京都千代田区三番町2先
  • 九段下駅/半蔵門駅

ビルが立ち並ぶ東京の中心地ながら、周囲の光景とマッチした自然の絶景に出会うことができる千代田区の紅葉スポットたち。ちょっとした散歩やお出かけの合間に、秋を感じる時間を設けてみてはいかがでしょうか。

  • image by:PR TIMES
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

美容師・ヘアメイクを経て映画業界に転身。フリーの記者カメラマンとして国内外のレッドカーペット取材や俳優インタビューを行いながら、来日イベントの企画運営・PR、記者会見や舞台挨拶のMCなど洋画をメインに活動。現在は育児のため仕事をセーブし、ライターとして幅広いジャンルの記事を執筆中。

Instagram

エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
東京の紅葉はこれから見頃。12月まで美しい「紅葉スポット」6選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます