それわかったら日本人だよ…!外国人が日本の会社に溶け込んだと感じる瞬間

Array
2023/11/04

会社に溶け込んでくると、どんどん仕事も身について円滑に進んでいくもの。続いては、「日本の会社に入ってよかった」と感じたことについてお話しを伺いました。

プライベートでも役立つマナーが身についた

image by:Shutterstock.com

来日して4年目になる台湾人の男性は、日本の飲食店に就職し、本採用前に座学や実践を兼ねた研修期間があったそう。

「研修を通して接客やマナーについての心得が身につきました。母国では作って運ぶ以上のことを求められることはなかったけど、接客の在り方とか時間を守ることだったり、プライベートでも役立つことをたくさん学べました」(台湾出身・男性/飲食業)

台湾人に限らず、外国人は日本人に比べて時間にルーズな印象を受けがち。台湾人の彼も「はじめは遅刻や当日欠勤に対しても軽く考えていた」とのことですが、今では時間の捉え方が変わり、10分前には必ず出勤するようになったそうです。

「マナーや動作の研修がたっぷりあったので、礼儀正しい所作が身につきました」(ブラジル出身・女性/通信営業)

細かい気遣いを学び、仕事に対する丁寧な取り組み方を習慣にできたのが良かった」と話すのは、経理や営業など、日本で転職を重ねた経験のあるマレーシア出身の女性。

細やかな気配りや仕事ができるようになったら、きっとどこの会社からも重宝される人材になれそうですね。

とにかく清潔!仕事する環境が整っている

image by:Shutterstock.com

「日本はやっぱり整理、整頓、清掃のイメージが強いですね。日本人の同僚はかなり意識が高いです。現在は、親戚と一緒に過ごしたくて母国に帰ってきていますが、今でも日本の企業で働きたいなと思う時があります」(ベトナム出身・男性/土木業界)

「日本どこに行っても安全で清潔。働く場所も社宅も生活環境が快適で安心しています」(中国広東省出身・女性/IT業界)


雇用が安定していて、安心して働くことができる

image by:Shutterstock.com

そのほか「むやみに解雇される不安がない!」なんていう声も。

アメリカやカナダなど、社員の「解雇」が当たり前におこなわれる国がある一方で、日本では労働契約法第16条に基づき、解雇に関するルールをあらかじめ明示しています。

第十六条 解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。(厚生労働省・労働契約法引用)

理由があればもちろん解雇されてしまうこともありますが、海外の一部の国からすれば安心なうちに入るかもしれませんね。

給与の基本給分が保証されていて、いきなりクビにはならず安心して働けます」(中国出身・女性/小売業)

雇用が安定していて給料もそこそこたかいので、日本で働いてよかったと思う」(中国出身・女性/不動産業)

「会社の方々も親切で優して働きやすいし、仕事の技術をたくさん学ばせてもらってます。賃金をしっかり支払ってくれるからありがたいです」(ベトナム出身・男性/建設業)

ほかにも会社の人たちが優しかった、生涯の友だちやパートナーと出会えたなど、素敵な出会いに喜ぶ声も多く集まりました。

今回は、日本で働く外国人に「日本で働いてよかったな」と感じることについて教えていただきました。

私たちもいつか海外出張を命じられたり、自ら留学の道を選ぶこともあるかもしれません。その時は「海外に出てよかった」と思えるような経験を積めるといいですね。

  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちら

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
それわかったら日本人だよ…!外国人が日本の会社に溶け込んだと感じる瞬間
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます