旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

紅葉に雪景色。寒い時期の「旅ラン」をより楽しむウェアはなに?

“走る”フリーライター・三河賢文
“走る”フリーライター・三河賢文
2018/11/11

旅先の美しい景色を自分の足でより遠くまで、気持ち良い風を感じながら楽しめる「旅ラン」ですが、秋が訪れ少しずつ肌寒くなり、いつものランニングウェアでは心許なく感じる時期になりました。

そこで今回は“走る”フリーライター・三河賢文さんが「寒い時期の旅ランを快適に過ごすためのウェア選び」を教えてくれました。

冬の旅ランは備えが重要


気温が低くなると、寒さに負けて走るのが億劫になりがちです。寒い時期に快適なランニングライフを送るには、ランニングウェアを工夫しましょう。

寒い時期のランニングウェアは、体温調節を考えて選ぶことが大切です。あまりに薄着だと低体温症になってしまったり、逆に厚着だと走った後に汗冷えして体調を崩してしまったりします。ここで寒い時期の旅ランを楽しむランニングウェアの選び方をご紹介しますので、ぜひ参考にご覧ください。

寒い時期だからこそ覚えておきたいこと

image by:lzf/Shutterstock.com

寒い時期は、思うように身体が動きません。「どうせ走れば温まるから」と、いきなり薄着で走ることは避けましょう。身体が冷えて体調を崩すほか、怪我に繋がることもあります。最悪の場合、低体温症などに陥って倒れてしまうかもしれません。

実際に冬場のレースでは、こうした症状から走れなくなったという声が少なくないのです。ウォーミングアップと共に、走り始めは温かい(寒さをあまり感じない)服装を心掛けてください。

image by:lzf/Shutterstock.com

ただし、しばらく走れば身体は温まり、寒い時期でも汗をかくことでしょう。そのまま走り続けると不快感が生じ、快適性が損なわれます。また、走り終えると汗がすぐに冷えてしまい、風邪などの体調不良に繋がりかねません。そのため、走って温まったら上着を脱いでランニングウェアを薄着に切り替え、走り終えたら再び上着を羽織るなどの工夫が大切です。

また、上着のほかにも、体温調節に適したランニングウェアがたくさんあります。例えば上着を着ていても、いきなりその下が半そでTシャツ…では寒いでしょう。そのような場合は段階的に調節できるランニングウェアがおすすめです。具体的な選び方については、次の項目でご紹介します。

三男一女の大家族フリーランス。中学〜大学まで陸上競技部に所属(中・高:中・長距離、大学:十種競技)。引退後はコーチとして活動。7年のブランクを経て2011年7月からランニングをスタートし、現在はトライアスロンやウルトラマラソンにも挑戦しています。

紅葉に雪景色。寒い時期の「旅ラン」をより楽しむウェアはなに?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 国内 心奪われる秋の絶景。日本の美しい紅葉スポット10選 ★ 293
 国内 秋の絶景を車窓から。紅葉に出会えるローカル列車の旅 ★ 705
 国内 ここの郷土料理は美味しいと思う「都道府県ランキング」TOP10 ★ 348
 全国 走りながら旅も楽しむ「旅ラン」ブーム、バックパックはどれがいい? ★ 32
 東京 銭湯好きの新たな遠征スタイル。走って行く「風呂ラン」が気持ちいい ★ 297