旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

紅葉に雪景色。寒い時期の「旅ラン」をより楽しむウェアはなに?

ランニングウェア選びのポイント

それでは具体的に、寒い時期のランニングウェア選びについてポイントをご紹介しましょう。どのようなものを選べば良いのか、参考にしてください。

1.上着は軽量&通気性の高いものを


ベンチコートなどは防寒性に優れますが、脱いだ後の持ち運びが大変で旅ランには適しません。そのため、シェルウェアのように軽量のものを選びましょう。シェルウェアならバックパックに入れず、腰に巻き付けるなどしても邪魔になりません。

ただし1つ、注意したいことがあります。それは、できるだけ通気性の良いものを選ぶ必要があります。シェルウェアは風などを防ぐ反面、空気が中にこもりがち。通気性が悪いと汗をかきやすく、不快感が生じます。特に「汗は出ているけど、脱いだら寒い」という気温下においては、シェルウェアを着たまま走ることになります。できるだけ、空気がこもらず快適性の保てるものを選んでください。

2.腕や脚をカバーする


下半身の冷えも防ぎましょう。しかしウィンドブレーカーなどを履くと、動きづらさを感じるかもしれません。そんなときには、伸縮性のある薄手のジャージタイツがおすすめです。

さらに動きやすさを重視するなら、膝の動きを邪魔しないカーフサポーターが良いでしょう。上半身と比べ、下半身はさほど暑さを感じません。タイツやカーフサポーターなら、最初から最後まで着用したまま走っても問題ないはずです。


また、上着を脱いだ際にいきなり半袖では、いくら身体が温まっても寒さを感じます。そのため、ロングTシャツを用意しておくと便利です。寒さが厳しい場合には、ロングTシャツと半袖の重ね着もおすすめです。熱くなったら、腕をまくるだけで涼しくなります。

そのほか、アームカバーも重宝します。「重ね着するほどの寒さではない」「ロングTシャツはまくりにくに」という方は、こちらを活用してみてください。腕部分だけを伸縮性のある薄手のカバーで守るもので、暑くなれば手首に巻き付けておけます。UVカット機能のあるものなら、紫外線も防ぐことができて一石二鳥です。

3.頭だけでなく、首や耳もカバーする


走る際に、キャップやサンバイザー等を使う方は多いでしょう。キャップなら頭部を覆うことができるため、多少の寒さ対策になります。しかし、できれば首や耳もカバーしたいところ。特に寒さが厳しい際、耳が痛くなることがあります。

そんなとき、スポーツに適した軽量の耳当てネックカバーがおススメです。薄手のものでも1枚布があるだけで、寒さがかなり和らぐでしょう。写真の「Buff」のように頭や首、さらに耳まで、使い方次第で広い範囲がカバーできるものもあります。走る際には、首より上の防寒もしっかり考えてください。


4.スマートフォンを着けたまま操作できる手袋がおすすめ


寒さでかじかむと言えば、手の指先。これを防ぐには手袋が必要になります。最近では、地図の確認などにスマートフォンを持って走るという方が多いのではないでしょうか。

ちょっと行き先を調べたり、立ち止まって写真を撮ったり。その際、いちいち手袋を取るのは面倒です。指先がスマートフォン対応に加工されているものなど、着けたまま操作できるものが便利です。

寒さに負けず旅ランを楽しもう!

これから秋、そして冬にかけて寒くなる季節です。しかし、この時期だからこそ見ることができる美しい景色がたくさんあります。例えば秋の紅葉や雪化粧された山など、目にするだけで「走ってよかった」と思えるはずです。楽しめるのに十分な準備を整え、快適なランニングウェアで旅ランへ向かってください。

image by:lzf/Shutterstock.com

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

いま読まれてます

三男一女の大家族フリーランス。中学〜大学まで陸上競技部に所属(中・高:中・長距離、大学:十種競技)。引退後はコーチとして活動。7年のブランクを経て2011年7月からランニングをスタートし、現在はトライアスロンやウルトラマラソンにも挑戦しています。

Twitter /Facebook / LinkedIn

 国内 一生に一度は見たい秋の絶景。日本全国の美しい「紅葉スポット」20選【2020】 ★ 457
 国内 秋の絶景を車窓から。紅葉に出会えるローカル列車の旅【2020年】 ★ 789
 国内 ここの郷土料理は美味しいと思う「都道府県ランキング」TOP10 ★ 720
 全国 走りながら旅も楽しむ「旅ラン」ブーム、バックパックはどれがいい? ★ 43
 東京 銭湯好きの新たな遠征スタイル。走って行く「風呂ラン」が気持ちいい ★ 534
紅葉に雪景色。寒い時期の「旅ラン」をより楽しむウェアはなに?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます