旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

外さないお土産に。関西で人気を集める、美味い「ご当地銘菓」ランキング

ニッポン津々浦々
2019/04/12

旅行の楽しみといえば、その土地ならではのグルメは外せません。肉や野菜、魚とグルメにも種類もいろいろありますが、お土産にも持ち帰りやすい「スイーツ」は、どの地域に行っても定番人気といえるのではないでしょうか。

そこで今回は、ランキングサイト「gooランキング」が発表した「一番おいしい!関西のご当地銘菓ランキング(対象:500名/20~40代男女)」から、選りすぐりのTOP10の銘菓をご紹介します。

第10位 京ばあむ/京都府

京ばあむ3.5cm(1,166円) image by:ValuePress!

第10位には京都府の「京ばあむ」がランクインしました。京ばあむは、つぶあん入りの生八ツ橋「おたべ」で有名な製菓会社「美十」が作っている、抹茶と豆乳のバームクーヘンです。

京都の地下水でつくった京都産の豆乳と、国産100%の小麦粉を合わせたスポンジ生地が特徴で、さらに宇治抹茶と煎茶をブレンドした抹茶生地を層に重ねています。

いまや京都の新定番みやげとして大好評です。ちなみに、京都タワーサンド店では京ばあむ制作の実演を見ることができ、焼きたての京ばあむが食べられますよ。

第9位 みたらし小餅/大阪府

9位には大阪府の「みたらし小餅」がランクインしました。みたらし小餅は、さまざまな美味しいスイーツを展開する千鳥屋宗家が展開している銘菓です。

国内産の米を使用した餅で甘辛のタレをつつんでおり、そのもっちりとした食感とトロリとこぼれるタレに病みつきになる人も多いんだとか。

千鳥屋での一番人気の商品で、関西圏だけで160店以上も店舗があるそうです。

第8位 たま卵チーズ/大阪府

第8位にランクインした「たま卵チーズ」は、大阪・堺にあるお菓子の工房「フランシーズ」というお店が作っている絶品スイーツです。


ナチュラルチーズと地元の良質な卵や牛乳など、厳選された素材で作られたチーズケーキで、持つだけで崩れてしまいそうなほど柔らかいのが特徴です。

現在、新大阪駅と大阪駅、天王寺駅でしか販売していないにも関わらず、年間販売個数が6万個を突破しているという大人気のお土産です。


第6位 つぶあん入り生八ツ橋(おたべ他)(京都府)/ゴーフル(兵庫県

image by:karinrin/Shutterstock.com

第6位には、京都府の「つぶあん入り生八ツ橋」と、兵庫県の「ゴーフル」が同点で同時ランクインしました。

生八ツ橋は京都を代表する和菓子のひとつで、米粉・砂糖・ニッキ(肉桂、シナモン)を混ぜて蒸し、薄く伸ばした生地にあんを包んだ、1960年代ごろに登場しました。

ニッキの特徴ある香りに柔らかな生地、上品な甘さのあんが定番ですが、近年ではあんの代わりにチョコレートを入れたり、生地自体に抹茶を練りこんだりと、いろいろな種類の生八ツ橋が登場しています。

イメージです。image by:PR TIMES

ゴーフルは薄焼きせんべいに凹凸模様が施された、口当たりの軽いお菓子で、フランス語のゴーフル(gaufre)が名前の由来のひとつとされています。

関東圏でも近いかたちのものがありますが、関西では神戸風月堂のゴーフルが地元銘菓のお土産として大人気です。

阪神タイガースなどさまざまな企業とコラボを行っており、ついつい買ってしまいたくなるパッケージが特徴ですね。

本業は某百貨店などのグルメ系イベント企画。日本全国をめぐりすぎて詳しくなってしまったため、2013年よりグルメ・旅行ライターとしてもスタート。現在は6カ月国内地方、3カ月海外にいるため、名前のわりに海外にも詳しくなってしまいました。

外さないお土産に。関西で人気を集める、美味い「ご当地銘菓」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい