旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

まるで絶景の地下迷宮。見るだけで涼しくなる東日本の「鍾乳洞」6選

Array
2021/08/25

信じられないような長い年月をかけて形成された「鍾乳洞」。石灰石と雨水によって形成された自然の変化を感じられる鍾乳洞は、まさに絶景です。

中に入ると、その長い年月によって形成された地形に驚くとともに、自然の力に圧倒されること間違いなし。今回は、見るだけで夏の暑さを吹き飛ばす、「東日本の鍾乳洞」などをご紹介していきます。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

龍泉洞/岩手県下閉伊郡岩泉町

image by:photoAC

岩手県下閉伊郡岩泉町にある「龍泉洞」は、長さ約1,200m、高低差は約249mの鍾乳洞です。山口県の「秋芳洞」、高知県の「龍河洞」と並ぶ「日本三大鍾乳洞」のひとつ。

洞窟内にはキクガシラコウモリ、コキクガシラコウモリといった珍しいコウモリが生息しており、「龍泉洞」と一緒に天然記念物に指定されています。

この鍾乳洞の特徴は、洞内の地底湖の水の清らかさです。その透明度は世界でも有数といわれているほど。この地底湖が美しく、幻想的な光景をみせてくれます。

アクセスは、岩泉消防署前(旧岩泉駅)から岩泉町民バス 小本線、安家洞線、沢中・夏節線、田野畑村営バスで約10分。

  • 龍泉洞
  • 岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉神成1番地1
  • 公式サイト
  • ※2021年8月13日(金)~当分の間、閉洞中です。

あぶくま洞/福島県田村市滝根町

image by:photoAC

福島県田村市滝根町にある「あぶくま洞」は、長さ約600mほどが見学ルートとなっており、およそ120mほどの有料ルートもあります。

洞内には、非常に奇妙で特徴的な形をした鍾乳石が多く、「妖怪の塔」「白磁の滝」「クリスマスツリー」「竜宮殿」「月の世界」といった名前がつけられているのも特徴のひとつ。

また、生物もコウモリやサンショウウオなど他ではなかなかお目にかかれない珍しいものが生息しています。アクセスは、自動車で磐越自動車道もしくはあぶくま高原道路経由、小野ICより約15分。


  • あぶくま洞
  • 福島県田村市滝根町菅谷東釜山1
  • 公式サイト

不二洞/群馬県多野郡上野村

image by:photoAC

群馬県多野郡上野村にある「不二洞」の全長は約2.2kmで、これは関東の鍾乳洞のなかでは一番の規模を誇ります。川和自然公園内にあり、県天然記念物に指定。

見学ルートは、まず約120mほどのトンネルをから洞内に入り、そこから約40mの縦穴に設置された螺旋階段を登っていくという珍しいシステムになっています。

発見されたのは、約1,200年前で、約400年前にはお坊さんの修行の場だったそうです。アクセスは、下仁田ICから車で約35分。


鳴沢氷穴/山梨県南都留郡鳴沢村

image by:photoAC

山梨県南都留郡鳴沢村にある「鳴沢氷穴」は、鍾乳洞というよりも火山の噴火よる溶岩流でできた洞窟である溶岩洞です。総延長は約156mで、天然記念物に指定されています。

富士山が平安時代初期の864(貞観6)年に噴火した貞観大噴火によって、形成されました。洞内は非常に低温で、年間の平均温度はなんと3℃しかありません。

このため氷の貯蔵庫があり、江戸時代など冷蔵庫がない時代は、冷蔵庫の代わりに使用されていました。見学にはそれなりの厚着することをおすすめします。アクセスは、中央自動車道河口湖インターチェンジから車で約15分。

日原鍾乳洞/東京都西多摩郡奥多摩町

image by:photoAC

東京都西多摩郡奥多摩町の「日原鍾乳洞」は、東京都指定の天然記念物です。総延長は約1,270mで、高低差は約134mあります。洞内の年平均気温は11℃で、夏は涼しく、冬は暖かく過ごしやすい場所です。

「白衣観音」「ガマ岩」「天井知らず」といった特徴的な景観の場所が多く、東京都内になるということからも人気のスポットとなっています。

アクセスは、平日ならバスで、日原鍾乳洞行終点下車 徒歩約5分。休日なら東日原行終点下車で徒歩約25分。

  • 日原鍾乳洞
  • 東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
  • 公式サイト

竜ヶ岩洞/静岡県浜松市

image by:photoAC

静岡県浜松市にある「竜ヶ岩洞」は、標高約359mの「竜ヶ石山」にある鍾乳洞で、総延長はおよそ1,046m。このうちの400mの部分が一般公開されています。この洞窟の石灰岩は、なんと2億5,000万年前にできたもの。

最大の見どころは、落差30mの「黄金の大滝」です。鍾乳洞内で観られる大滝はまさに圧巻。アクセスは、新東名高速道路浜松いなさインターチェンジより車で約10分。

「鍾乳洞」は、夏でも涼しいところが多く、それが一層神秘感を引き立ててくれます。人間の力では到底及びもつかない大自然のパワーと悠久の時間が作り出した絶景の数々はまさに一見価値ありですね。

  • image by:photoAC
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

韓国出身の日韓ハーフ。東京在住。日本が好きすぎて大学を8年通っている。食べることとひとり旅が好き。お酒はそんなに強くない。

まるで絶景の地下迷宮。見るだけで涼しくなる東日本の「鍾乳洞」6選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます