旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

2020年大河ドラマにも登場する戦国武将・細川幽斎(藤孝)とは?

KYOTO SIDE
KYOTO SIDE
2019/07/20
田辺城資料館内にある細川幽斎像。南禅寺天授庵蔵の肖像画を元に制作されたもの

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の出演者、第2弾が発表され話題を集めています!

大河ドラマでは主人公・明智光秀と苦楽をともにした盟友であり、親戚でもある細川幽斎(ゆうさい=藤孝)は、今後注目を集めること間違いなし!の戦国武将。

細川家というと全国的には熊本のお殿様というイメージですが、その礎を共に築いたのは京都でした。歴史のポイントを予習しておくと、よりドラマのストーリーを楽しむことができますよ。

※読みやすさ重視で細川藤孝を「幽斎」で統一します。

 細川幽斎は明智光秀に並ぶ織田信長の超優秀な家臣だった

まずは、細川幽斎とはどういった人物なのかをご紹介します。

幽斎は、織田信長と同じ歳であった戦国武将です。幽斎と光秀は足利将軍や織田信長に使えた家臣で、苦楽をともにした同僚であり友人でした。さらには信長が光秀の娘・お玉と幽斎の息子・忠興を結婚させ、親戚関係にもあったんです。

最初に細川家が信長から与えられた領地は西岡地域(現在の京都府長岡京市・向日市)でした。このときから「長岡」姓を名乗ります。

その後、約10年治めた西岡を信長へと返し、幽斎と忠興親子は天正8(1580)年8月に丹後国(今の京都府北部ですね)を信長から与えられ移封。丹後支配の拠点で、鳥取攻めの拠点ともなる宮津城を築城し、本城としました。

突然の「本能寺の変」で幽斎は出家&隠居@田辺城

舞鶴にある田辺城 by写真AC

丹後の領主になってからわずか2年後、天正10(1852)年6月2日、光秀が主君・信長を討つ「本能寺の変」の知らせをうけます。


信長に対する追悼の意味を示すために髪を下ろして、幽斎玄旨(ゆうさいげんし)と名乗り、家督を息子・忠興に譲り、舞鶴の田辺城にて隠居します。

光秀と秀吉が激突した“天下分け目の合戦”こと山崎合戦では、幽斎は信長父子の喪に服するという意味で、中立の立場として丹後から動きませんでした。

KYOTO SIDE

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

2020年大河ドラマにも登場する戦国武将・細川幽斎(藤孝)とは?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい