旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

あの海が恋しくて、夏。人気急上昇中の国内「離島」TOP5

GO!海辺のまち
GO!海辺のまち
2019/08/05

離島というと、大自然に囲まれた非日常の空間に身を置く楽しさや魅力が思い浮かびます。そして交通手段が発達してきた今日では、離島も以前のように行くのに一苦労ということが少なくなり、気軽に楽しめるようになりました。

そこで今回は、比較検索サービスを提供するスカイスキャナージャパン株式会社が発表した、いまからでも訪れたい5つの「人気急上昇の離島」をご紹介します。

第5位 八丈島/東京都

image by:Shutterstock.com

第5位は東京都の「八丈島」です。行政区分上は東京都ですが、伊豆諸島に属し、本州から287kmも離れた太平洋上にうかんでいるまさに離島ですね。

基本的には、底土海水浴場、旧八重根港、神湊海水浴場、乙千代ヶ浜などダイビングや海水浴の観光客が主ですが、意外にも温泉が有名で、八丈島温泉として人気を集めています。

image by:photolibrary

そして八丈島といえば、くさや、明日葉、黄八丈、島寿司といった特産品ご当地グルメです。なかでもくさやはその強烈な臭いと旨味で有名ですね。アクセスは、羽田空港から八丈島空港へ便が出ています。

第4位 徳之島/鹿児島県

image by:photoAC

徳之島」は行政区分上は鹿児島県で、南西諸島の奄美群島のひとつです。位置的には奄美大島と沖永良部島の中間に位置します。

文化的には奄美よりも沖縄に近いものがあるようですね。サトウキビをはじめジャガイモ、ショウガ、ソデイカ、カツオ、イセエビ類などが名産品です。

黒糖焼酎(イメージ)image by:photoAC

そして、忘れてはいけないのが黒糖です。これを原料としたお菓子や黒糖焼酎は、徳之島や奄美諸島で人気のお土産になっています。

島には徳之島空港があり、鹿児島から日本航空が1日4便出しています。バブが多いことでも有名なので、訪れる際はご注意を。


海大好きなライター、海部と町屋あわせて「海辺のまち」です。日本や世界の海をメインに潜り、さらに森を探索して山に登っています。

あの海が恋しくて、夏。人気急上昇中の国内「離島」TOP5
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい