旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

車のヘッドライトを消すのはNG?海外では通用しない日本の常識

赤池リカ
赤池リカ
2020/02/17

昼間点灯が一般化しつつある/カナダ、フィンランド、ノルウェーなど

image by:badahos / Shutterstock.com

デンマークの他、北欧ではフィンランド、ノルウェー、アイスランドなどの国が、北米大陸ではカナダで日中のライト点灯が義務付けられています。

このように、日本ではあまり馴染みのない昼間点灯ではありますが、世界では一般的になってきているようです。昼間でも、歩行者や他の車両に自身の存在を知らせるという意味でも、確かに昼間点灯は効果的であるように感じます。

では、なぜ日本では普及しないのでしょうか?

それは、バイクとの差別化が理由に挙げられるようです。

image by:2p2play / Shutterstock.com

日本では、道路運送車両法が改正された1998(平成10)年の4月以降に作られたバイクは、常時点灯のライトが搭載されています。つまり、車と違いバイクの昼間点灯が義務付けられているのです。

もしも、車も昼間点灯が義務となれば、「車よりも小さく目立ちにくいバイクが認識しにくくなるのではないか」という懸念があるため、日本での車の昼間点灯が進まないのではないかといわれているのです。

このように、日本では一般的ではないことが、海外では当たり前のルールとなっていることがあります。

海外に行く際は、自分の常識が当たり前だとは思わずに、交通ルールなども細かく調べておいた方が良いかもしれませんね。

  • image by:S-F / Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

SoftBank光 SB光への乗り換えで3.8万円キャシュバック&他社違約金も満額還元中!
保険見直し本舗 プロが無料で教える!無駄な保険をリストラしつつ保障を維持する方法
車のヘッドライトを消すのはNG?海外では通用しない日本の常識
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます