旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

車のヘッドライトを消すのはNG?海外では通用しない日本の常識

赤池リカ
赤池リカ
2020/02/17

海外旅行の際、国際免許を取得してレンタカーで現地の観光スポットをめぐることもあるかもしれません。

その際に気をつけたいのが、交通ルール

なかには日本とはまるで異なる交通ルールを設けている国もあるため、日本と同じ感覚で運転していたら実は違反していたなんてことも…。

日中にヘッドライトをつけないのはNG/デンマーク

image by:travellifestyle / Shutterstock.com

夜間に道を照らすために必要な車の「ヘッドライト」。

日本では夜間にも関わらず、ヘッドライトを点灯させていない場合、交通法違反で取り締まりの対象となります。このルールは、免許を持っている人ならば誰でも知っている日本でも馴染み深いルールですよね。

しかし、日中の運転では雨で視界が悪いなどの理由がない限り、基本的には点灯させていない人も多いはず。

実は、この昼間のヘッドライト点灯に関しても、法律で義務付けられている国があるのです。

その代表的な国として挙げられるのが、ヨーロッパの国デンマーク

image by:S-F / Shutterstock.com

昼間の運転の際にヘッドライトをつけていないと違反となり、罰金を課せられる可能性があるのです。


デンマークをはじめとした北欧諸国は高緯度に位置しているため、シーズンによって日の光の具合がバラバラ。季節によっては、日中でもかなり薄暗くなることもあるため、このようなルールが設けられたと考えられます。

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

車のヘッドライトを消すのはNG?海外では通用しない日本の常識
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます