旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

避難所としても期待!京都・妙心寺が最新総合防災システムを導入!潜入レポ

Array
2020/09/27

9月は防災月間です。他県からも視察に訪れるほどの、最先端&大規模な防災システムを導入している大寺院が京都にある!との情報をキャッチ。早速、京都府文化財保護課の職員さんと一緒に現場に行ってみました!!

東京ドーム7個分の敷地面積を誇る大寺院

今回訪れた妙心寺は全国・世界に3,400の末寺をもつ臨済宗妙心寺派の大本山です。1337(建武4)年、花園上皇の離宮を禅寺に改め、関山慧玄〈かんざんえげん〉(無相大師)を開山として創建されました。

南から勅使門、三門、仏殿、法堂、寝堂といった建物群が一直線に並ぶ大伽藍は壮観!本山を取り囲むように46の塔頭(たっちゅう)寺院が軒を連ね、京情緒あふれる歴史的な街並みに出合うことができます。

今回出迎えてくださったのは、大本山妙心寺法務部の津田章彦さんです。

妙心寺の防災システム、これまでとこれから

龍は水を司る神なので「火災除け」として描かれている。法堂の雲龍図は直径12m。8年の歳月をかけて描いた天井画は狩野探幽55歳の作品。探幽は二条城の障壁画を描いたことでも有名な絵師

妙心寺の防災の歴史

―――はじめまして、本日はどうぞよろしくお願いいたします。最初に妙心寺が防災に力を入れるきっかけとなったできごとを教えてください。

津田 昭和37年の壬生寺火災で防災意識が高まってきている矢先、同年に妙心寺も重要文化財の「浴鐘楼」から出火、大切な文化財を失います。この火災をきっかけに昭和44年に初代防災システムを導入しました。

▶京都市消防局HPより「昭和37年9月1日妙心寺鐘楼放火炎上」について

2020大河ドラマ主人公でもある明智光秀の菩提を弔うために、叔父である塔頭・太嶺院(廃寺)の密宗和尚が創建したとされる「浴室」。通称「明智風呂」と呼ばれる。浴室の北側には再建された浴鐘楼が

―――当時の新聞記事を拝見すると、門前は500人あまりの火事の見物人でごった返し、消防車が思うように走れず到着が遅れたことや、初期段階で火災を発見した見物人たちがお寺や消防に通報せずに火事を傍観していたことなどが書かれていますね。

火災は早期発見、初期消火、延焼防止、この3つのポイントが大事です。今回一新した総合防災システムでは、参拝者の方々や近隣の住民の方々に協力していただけるよう環境を整えました。


新設された延焼防止用の放水銃。足で赤い矢印部分を蹴ってロックを解除、取扱説明書を見ながら誰でも簡単に操作できるようになっている

社寺では前例のないほどの大規模!ハイテク防災システム

左上から時計回りに、左上)本坊内防災センターの24時間管理システム。右上)総合受信機で本坊・塔頭寺院すべてを管理する複合型受信機。右下)遠隔でポンプ室のエンジンを起動させることができる装置。左下)法堂など伽藍や塔頭などに設置されている火災受信機、デジタル回線で通信

―――今回の防災事業ですが、前例のない規模で行われたそうですね?

昭和44年から約50年経過した防災設備の老朽化に加え、妙心寺一括りとしての防災がテーマでした。重要文化財を含まない塔頭寺院を含めて国内で前例のない規模での防災施設の見直しや施工を、国庫補助事業として実施できるように文化庁に折衝を重ねました。

image by:妙心寺 妙心寺第一駐車場地下貯水槽の建設工事風景

平成25年に4カ年計画で新たな防災事業がスタートし、平成29年10月に竣工、平成30年3月に落慶法要を行いました。それと平行して、電線地中化と水道管布設替え工事も同時進行で…。調査から含めると竣工まで約7年かかりましたね。総工費は20億円(防災15億円、地中化5億円)におよびました。

境内には合計6つのポンプがあり、写真は妙心寺最大の1号系統のポンプ。本山大伽藍の屋根全体に水が行き渡る水圧が必要なことから大型エンジンを2台搭載。妙心寺第一駐車場地下貯水槽の水をポンプで吸い上げる

―――今回導入された総合防災システムの具体的な特徴を教えてください。

東京ドーム7個分の境内を4つに区分化し、それぞれに貯水層を備えたことで境内全域で放水可能に。境内、塔頭寺院あわせて119の消火栓、伽藍横の放水銃26基を設置し、遠隔装置でエンジンポンプを起動すれば誰でもどこでも放水できるようになりました。

さらには、周辺住宅地で火災が発生した場合を想定し、隣接する塔頭寺院外壁と建物に延焼防止システムを導入、設置しました。

image by:妙心寺 発掘調査の風景

―――ここまでの壮大な規模になるとご苦労も多かったのでは?

本当にそうでした。塔頭寺院を含めて妙心寺一括りの事業だったので、全塔頭寺院の住職のみなさまに納得していただくまで折衝を重ねたこと。また、配管や貯水層の工事の際、掘削するたびに埋蔵文化財が掘り当てられるなど、大変なことも多かったです。

埋蔵文化財が見つかるとその都度、調査が入るので工期が変更されたり、埋蔵文化財の保存内容によっては工事内容そのものの変更が必要とされたりするケースも多々ありました。

―――お話をおうかがいして「先人たちが大切に引き継いできた歴史や文化を後世に守り伝えたい」という一丸となった強い思いがあってこそできることだと思いました。

image by:妙心寺 写真左は試験放水、右は平成30年3月総合防災システム落慶法要時の放水のようす

いま読まれてます
避難所としても期待!京都・妙心寺が最新総合防災システムを導入!潜入レポ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます