【2021】幻想的な紅葉の世界へ!京都日付順・紅葉ライトアップ11選

Array
2021/10/15

見ごろを迎えた紅葉を美しく照らし出すライトアップ。昼間とは違い、夜間の限られた時間・時期だけ見られる特別な空間は、多くの人を魅了します。2021年に京都府内で行われる紅葉ライトアップを厳選してご紹介。幻想的な世界をお楽しみください。

【注意】掲載情報は10月8日の時点での情報です。今後、イベントなどの開催予定が変更となる可能性もありますので、最新情報は各自お問い合わせください。

【新型コロナウイルスの感染拡大防止対策にご協力お願いします!】
・基本的な感染予防対策(マスクの着用・手洗い・身体的距離の確保など)を徹底してください
・屋外の活動も慎重にしてください
・発熱等の症状(発熱、咳、のどの痛み、息苦しさなどの症状)がある場合は、外出を控えてください

夜の保津川渓谷を走る特別列車へ

京都市・嵯峨野トロッコ列車

  • 日程:10月15日(金)~12月29日(水)※12月8、15、22日は運休
  • 時間:16:30~19:30

観光列車「嵯峨野トロッコ列車」が、美しくライトアップされた保津川渓谷を走行します!昼間の壮大な景色と打って変わって、幻想的な雰囲気の中を走り抜ける体験は格別。さらに、渓谷を走る風やガタゴトと音がするオープン車両「リッチ号」に乗れば、臨場感もたっぷり!

また、トロッコ保津峡駅とトロッコ嵐山駅間は減速するので、より紅葉を楽しめますよ。約25分間の特別な時間を堪能してみましょう。

■■INFORMATION■■

嵯峨野トロッコ列車
紅葉の見ごろ:11月中旬〜12月上旬
電話:075-861-7444(テレフォンサービス)
定休日:不定休(HP要確認)
営業時間:9:02~16:02(1日8往復16本)※季節によって臨時列車運行。ライトアップ期間中はトロッコ嵯峨駅17:10/18:17発の臨時列車を運行(運行日詳細はHP要確認)
料金:片道630円

散りもみじの絨毯で紅葉に包まれる

笠置山もみじ公園

  • 日程:11月1日~11月30日
  • 時間:17:00~21:00
image by:笠置町役場

笠置町のシンボル・笠置山。そこに鎮座する笠置寺の境内にあるのが「もみじ公園」です。その名の通り、見ごろを迎えると地面一面にもみじの絨毯ができるほど。

毎年11月1日~30日にライトアップを開催していて、もみじに囲まれた公園が別世界のように浮かび上がります。ライトアップの時間帯は、笠置寺の拝観料も無料になるので、この機会にぜひお立ち寄りください。

■■INFORMATION■■


笠置山もみじ公園
紅葉の見ごろ:11月中旬~下旬
所在地:京都府相楽郡笠置町笠置
問合わせ:0743-95-2301 (笠置町役場 商工観光課)
入場:無料(ライトアップ時のみ、笠置寺拝観料無料)

列車と大イチョウのコラボは必見

京丹後市・引原峠の大イチョウ

  • 日程:10月下旬~11月中旬予定
  • 時間:17:00~22:30ごろ

京都丹後鉄道の沿線にある引原峠(ひっぱらとおげ)には、樹齢約60年の大イチョウがあります。この大イチョウを多くの人に楽しんでもらおうと、地元の「楽夕会」のメンバーが中心となって5年前にライトアップを開催しました。

大イチョウと列車が重なり合う景色は鉄道好きにも人気で、カメラを構える人もたくさん訪れるのだとか。ライトアップ中は、ノルディックウォークなどの催しも予定。大イチョウと列車が織り成す幻想的な景色に浸ってみてはいかがでしょう。

■INFORMATION■■

引原峠の大イチョウ
紅葉の見ごろ:11月中旬〜12月上旬
開催場所:京都府京丹後市網野町引原峠(国道178号線)子午線塔付近
問合せ:0772-74-9350(夕日ヶ浦観光協会)


圧巻の五重塔と紅葉のコラボレーション

宮津市・成相寺(なりあいじ)

  • 日程:11月13日(土)/14日(日)
  • 時間:日没〜21:00

日本三景の一つ、天橋立を見下ろす位置にある成相寺の五重塔は、雪舟の「国宝天橋立図」に描かれている五重塔を復元したもの。鎌倉時代の建築様式を再現した本格的な姿は、夜のライトアップにもよく映え、圧巻です。さらにその周辺を赤く彩る数百本もの紅葉とのコラボレーションは感動もの。

■■INFORMATION■■

成相寺(なりあいじ)
紅葉の見ごろ:11月上旬〜下旬
所在地:京都府宮津市成相寺339
電話:0772-27-0018
拝観時間:通常8:00~16:30
拝観料金:入山料大人500円

幻想的な樹齢約400年のイロハモミジ

亀岡市・神藏寺(じんぞうじ)

  • 日程:11月10日(水)~16日(火)
  • 時間:18:00~21:00

亀岡市にある神藏寺では、伝教大師が開いたと伝えられ、国の重要文化財に指定されている薬師如来が安置されています。本堂前の樹齢400年のモミジは目を見張るほどの大きさで、ヤマモミジやイチョウなど、約150本の木が境内を赤や黄色に彩ります。

■■INFORMATION■■

神藏寺(じんぞうじ)
紅葉の見ごろ:11月上旬〜下旬 
所在地:京都府亀岡市薭田野町佐伯岩谷ノ内院ノ芝60
電話:0771-23-5537
拝観時間:通常9:00〜17:00
拝観料金:500円

いま読まれてます
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
【2021】幻想的な紅葉の世界へ!京都日付順・紅葉ライトアップ11選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます