旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

秋の絶景とともに。優雅な「加賀の國」で楽しむ紅葉&おすすめスポット5選

Array
2021/11/04

北陸地方でも屈指の名所がそろう石川県。「加賀エリア」と「能登エリア」に大きく分かれていますが、中心となる金沢から南方となる加賀エリアでは、さまざまな魅力にあふれたリッチなスポットが多く、注目を集めています。

今回は、加賀市、小松市、能美市、川北町、白山市、野々市市という6つの市町から成る「加賀の國」が迎える秋にフューチャー。絶景の紅葉スポットと共にめぐる「おすすめコース」を5選ご紹介します。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

紅葉だけじゃない!絶景や話題のスポットも

鶴仙渓/加賀市

image by:PR TIMES

北陸随一の美しさと名高い、加賀市の「鶴仙渓」。大聖寺川に沿うように形成された渓谷で、上流に位置する「こおろぎ橋」から「黒谷橋」までの約1.3kmに渡って、圧巻の大自然が続いています。

遊歩道が整備されていたり、温泉街にも沿っていたりと、観光での訪問にもぴったりな環境も魅力のポイント。

春~秋までは期間限定で「川床」もオープンし、お菓子と共に名産の「加賀棒茶」などを堪能しながら、紅葉狩りを満喫することができます。

鶴仙渓を訪れる際に宿泊するなら、名湯「山中温泉」に立地するなかでも創業から800年という歴史を持つ老舗の「白鷺湯たわらや」へ。鎌倉時代に再興された「湯元十二軒」に数えられ、100%源泉かけ流しの「渓流野天風呂」など、鶴仙渓の絶景を眺めながら行う湯浴みは極上です。

荒俣峡/小松市

image by:PR TIMES

加能八景」のひとつであり、鶴仙渓と並ぶ美しさの景勝地である小松市の「荒俣峡」。雄大に流れる大杉谷川の中流付近にあたり、蛇行する流れと共に作り出された奇岩や樹木たちが、まさに自然の芸術というべき見事な光景を生み出しています。

遊歩道は約400mほどの区間で整備されており、年間を通じて移り変わる自然の姿を眺めることが可能。もちろん紅葉狩りにもぴったりで、秋には多くの人が色づいた渓谷美へと訪れる、人気の紅葉スポットとして名を馳せています。

  • 荒俣峡
  • 石川県小松市赤瀬町
  • 0761-46-1605(紅葉の問い合わせは長寿庵まで)
  • JR小松(車で約30分/小松バス大杉上町行「荒俣峡」下車)

荒俣狭を訪れたら、ひとときの休憩に「瀬々らぎの森 ラプティトゥポルト」へ。にぎわいの中心からほんの少し離れた、大杉谷川の上流という緑いっぱいのなかで、川のせせらぎをBGMに過ごすことができる古民家カフェです。


地元で育まれた旬の食材をたっぷりと使ったお料理は、大豆たんぱくを駆使し動物性食材を排したナチュラルフードたち。ベジタリアンやヴィーガンの方々も安心して訪れることができます。

  • 瀬々らぎの森 ラプティトゥポルト
  • 石川県小松市瀬領町カ122
  • 0761-46-1565
  • 公式ホームページ

白山白川郷ホワイトロード/白山市

image by:PR TIMES

車やバイクで紅葉狩りを目指すかたは「白山白川郷ホワイトロード」をチェック。石川県の中心地でもある古都・金沢や、屈指の人気温泉地である「加賀温泉郷」から出発し、岐阜県へと至る白山国立公園内のコースです。

世界遺産の「白川郷」を抜け、岐阜県の飛騨高山へと至るルートは、6月~11月の期間限定で通行可能となる貴重なもの。走行中の車窓からはもちろんのこと、駐車場などのポイントごとに絶景を堪能できる展望台などが設けられています。

ルートを辿るなかで、ぜひ足を止めたいのが「日本の滝100選」にも選出されている「姥ヶ滝」。

「まるで老婆の白髪のようだ」と表現される、岩壁を落ちる数万もの真っ白の滝筋は見事。紅葉の名所としても、白山白川郷ホワイトロードのなかで突出した人気を獲得しています。

布市神社/野々市市

image by:PR TIMES

かつて加賀の国で有力な武士団であった「富樫家国」が築いたと伝わる「布市神社」。かの弁慶が富樫氏の元へと訪れた際、怪力をもって投げ飛ばしたという伝説が残る大石「弁慶の力石」が鎮座する神社です。

干ばつなどの雨不足時に担いで回ると雨が降るといわれ、「雨乞石」という異名も。樹齢は500年を数えるという大きなイチョウの木「大公孫樹」もそびえ、秋には黄金に色づいた境内が異世界のような美しさを演出する紅葉スポットです。

  • 布市神社
  • 石川県野々市市本町2丁目
  • 076-227-6122(野々市市文化課)

布市神社と共にチェックしたいのが「仕事・遊び・食・出会いがつまったみんなの学び舎」がテーマのカフェ「1の1 NONOICHI」。「いつでも、何度でも、1年生をはじめられる」をコンセプトに、まるで学校のような懐かしさを誘う雰囲気が散りばめられています。

おいしい食事がそろう「1の1食堂」では、テイクアウトが可能な手作りのお弁当も。メインとなるおかずからバリエーション豊富なおかずまで、彩り豊かでバランスも完璧なお弁当は、紅葉狩りの際に外で味わうランチタイムにもぴったりです。

  • 1の1 NONOICHI
  • 石川県野々市市本町2-1-21 にぎわいの里ののいち カミーノ内
  • 076-259-1167(1の1直通)
  • 公式ホームページ

七ツ滝/能美市

image by:PR TIMES

大小7つの滝で構成された壮麗な姿で、能美市の名勝に指定されている景勝地の「七ツ滝」。「大滝」の名を持つ「一の滝」を皮切りに、ポイント毎に違った表情に出会うことができる絶景の滝です。

なかでも、落差が約10mにも及ぶ「二の滝」は突出した美しさ。滝の全長は約1kmに及び、総落差は約50mというダイナミックさで見応えも抜群。秋は色付いた紅葉がますます華麗さを加え、駐車場も近いために多くの人でにぎわいます。

七ツ滝へ足を運んだら、子どもも楽しい「いしかわ動物園」へ。緑いっぱいの自然と共に、動物たちと触れ合いながら生態について学んだり、観察したりとたくさんのことを吸収できるスポットです。

今年はコビトカバやキリンの赤ちゃんが生まれ、話題をさらったことでも記憶に新しく、希少性の高いホワイトタイガーや、ウサギやインコなどの小動物に触ることが可能な「ふれあい体験館」など、大人にとっても珍しい体験が続々と詰まった人気上昇中の動物園です。

紅葉はもちろんのこと、絶景と共にさまざまな魅力を満喫できる「加賀の国」の秋。紅葉だけでは物足りないというかたは、ぜひ未体験のショップやスポットへも足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • source:PR TIMES
  • image by: Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

韓国出身の日韓ハーフ。東京在住。日本が好きすぎて大学を8年通っている。食べることとひとり旅が好き。お酒はそんなに強くない。

秋の絶景とともに。優雅な「加賀の國」で楽しむ紅葉&おすすめスポット5選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます