静岡県にこんな絶景が!柿田川公園の神秘的な「ブルーホール」へ

Array
2021/11/13

水が映し出す不思議な占い“水みくじ”を貴船神社で体験

貴船神社の鳥居。image by:梅原慎治
貴船神社境内社(分社)image by:梅原慎治

柿田川公園は水との関わりが大きい地であることから、水神を祀る「貴船神社」が設けられています。

水みくじ(浸漬前)image by:梅原慎治
水みくじ(浸漬後)image by:梅原慎治

貴船神社といえばパワースポットとも呼び声高い京都の総本宮が有名ですが、こちらの神社はその分社なのだそう。このため、総本宮と同様に「水みくじ」(300円)もありました。

わくら柿田川。image by:梅原慎治
湧水の道にある高野二三邸。image by:梅原慎治

 
 

ちなみにこのおみくじは、柿田川公園の駐車場に隣接した“湧水の道”にある「わくら柿田川」で購入することができます。公園の散策前に立ち寄り、購入しておくことをおすすめします。

変わらぬ湧水を体験する湧水広場と古今の変化を感じられる舟付場

湧水広場。遊歩道から一段低くなっているところに降りることもできます。image by:梅原慎治

貴船神社の次に訪れた「湧水広場」では、川辺まで降りて柿田川の湧水を体感できます。地下数十メートルから湧き出す柿田川の湧水は、通年で15度前後と安定した水温なのだそう。夏場は冷たく、冬場は暖かく感じられそうですね。

こちらが舟付場。image by:梅原慎治

大小の井戸跡型のわき間があるこの場所は「舟付場」と呼ばれ、かつて川を遡った舟を付けた場所なのだそう。

現在の水深はかなり浅いように見えますが、かつては舟が付けられるほどの水深があったのでしょうね。現在は、アユの遡上時期に産卵の様子を見ることもできるんだとか。


木製八つ橋。image by:梅原慎治
木製八つ橋の遊歩道から見える柿田川。image by:梅原慎治

舟付場から続く木製「八つ橋」は遊歩道になっており、穏やかに流れる柿田川の中流の様子を見ることができます。

この道を辿って行くと駐車場の脇に出られるので、第1展望台、第2展望台、貴船神社、湧水広場、舟付場、木製八つ橋といった順序で歩けば、効率良く散策できますね。

グルメも味わえ、珍しいブルーホールや、貴船神社でパワーをもらえる柿田川公園。緊急事態宣言が解除されたこれからの時期、お近くの方は心に癒しの水を与えに訪れてみてはいかがでしょうか。

  • 柿田川公園
  • 静岡県駿東郡清水町伏見71-7(国道1号沿い)
  • 三島からバス約20分
  • 柿田川公園-静岡県清水町
  • ※駐車可能台数:普通車50台、大中型バス・小型バス各8台/駐車料金:普通車1回200円、バス等1回1,000円 
  • image by:梅原慎治
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

埼玉県生まれ、都内在住のツーリングライター。主に関東近郊を走り周り、美味しい物や良い景色などを見つけて楽しんでいる。

Twitter

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
静岡県にこんな絶景が!柿田川公園の神秘的な「ブルーホール」へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます