旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

いつかまた出会えるかな?水中写真家が癒されたほっこりスマイル

命の源といわれる広大な海。海の中には人間よりも大きな巨大魚から、手のひらに乗るサイズの愛らしい小さな魚まで、いろんな生き物が暮らしています。そして、国や地域によって見える景色はさまざま。

今回は、水中写真家が世界の海で出会った、見ているだけで癒される生き物たちの貴重な水中写真をお届けします。

海に住む生きものたちの癒され笑顔

撮影地 フィリピン image by:鍵井靖章

きょうは、かわいい幼魚の笑顔をどうぞ!

撮影地 モルディブ image by:鍵井靖章

最近好きになった言葉「No Rain、 No Rainbow」。どこかのSNSで見て、いま、調べてみたらハワイのことわざでした。素敵!

撮影地 カナダ image by:鍵井靖章

家にいて、なんか企業さんとコラボって考えていたときに目についた。鼻セレブのティシュケース、これをアシカで!と思ったけど違うよね…やっぱりこの子ですね。

撮影地 井田 西伊豆 image by:鍵井靖章

13年前の写真。場所は伊豆の井田。こんな豊かな海なんだと再確認。また今度行く機会があったらこんな景色に会えるかな。

今回のコロナを通じてまた景色の見え方が変わってくるのかも。少し楽しみでもあります。

撮影地 モアルボアル フィリピン image by:鍵井靖章

2009年に撮影したこの青いサンゴ礁はもう無いんだって…。それを2014年くらいに聞いた。でも、またどこか違う場所でこんな風に繁茂してるよね。いつか会いたい。

  • image by:鍵井靖章
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

毎日、決まった時間に海の写真を1枚お届けします。
毎朝7時に、1日の始まりの活力の源として、写真集を開くという特別な時間ではなく、皆さんの手のひらの中で、日常的に海の癒し写真作品を楽しんでいただけます。

いつかまた出会えるかな?水中写真家が癒されたほっこりスマイル
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます