旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

港区、世田谷区は何位に?東京都民が選ぶ「住みたい23区」ランキング

Array
2022/01/16

最先端の流行が集まる街や高級住宅街、緑豊かなファミリー層の多い街やにぎやかな商店街の残るエリアなど、それぞれに違った個性や魅力がいっぱいの「東京23区」。どの街にもすぐにアクセスできる区内ですが、「住む」にはどこが人気なのでしょうか。

この度、住宅情報を発信するおうちパレットが「都民が選ぶ、引っ越したい23区ランキング」を発表。リアルな区民たちの最新意見が集まったランキングから、トップ5をご紹介します。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

住みやすさや治安を大きく重視。ラグジュアリーな高級住宅街も人気に

image by:PR TIMES

第5位 江戸川区

葛西臨海公園 image by:picture cells/Shutterstock.com

5位にランクインしたのは、23区のなかで公園が占める面積1位を誇る「江戸川区」でした。東京23区でありながら自然が多く、緑がいっぱいの環境が大きな魅力となり、ファミリー層を中心に大きな人気を獲得しています。

子育て支援の制度にも力が注がれていることや、23区内でも比較的家賃の相場が安めというのもポイント。「葛西臨海公園」をはじめ「江戸川区自然動物園」「地下鉄博物館」など休日のレジャースポットも充実しています。

「環境がよく子どもや老人に対して充実(70代/男性)」「公共施設がしっかりしていて福祉もいい(60代/男性)」「子育て世代に手厚い手当て(50代/女性)」「物価が安く、交通が便利(40代/男性)」など、子どもや年配のかたの暮らしやすさはダントツといえそうです。

第4位 港区

表参道 image by:picture cells/Shutterstock.com

ゴージャスでラグジュアリーなイメージが魅力の「港区」が4位にランクイン。千代田区、中央区と並ぶ「都心3区」のひとつであり、表参道や青山、六本木、麻布十番、お台場など、流行や情報の発信地としても揺るぎない人気を誇ります。

江戸時代から毛利家、伊達家、島津家、細川家など、有力な大名や名家たちが多く屋敷を構えていた港区。明治維新後は華族たちの高級住宅地となり、そのハイクラスな文化が現在まで脈々と受け継がれています。

庶民的な商店街などが残るエリアもあるものの、やはり「便利だしステータスもある(60代/男性)」「なんとなくおしゃれで、かっこいい(60代/女性)」「おしゃれな街で自慢できる(30代/女性)」と、その圧倒的なブランドパワーに夢中というかたが多数を占めています。


いま読まれてます
港区、世田谷区は何位に?東京都民が選ぶ「住みたい23区」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます