【2022】京都府内の艶やかな「藤の花」おすすめ観賞スポット

Array
2022/04/16

春の終わりから夏の初めにかけて咲く藤の花。桜の見ごろも終わり、春の名残を惜しむ晩春の大トリを飾る、それが藤です。平安時代の女流作家・紫式部も愛したといわれる美しく艶やかな藤の花に酔いしれてみませんか。

【新型コロナウイルスの感染拡大防止対策にご協力お願いします!】
・基本的な感染予防対策(マスクの着用・手洗い・身体的距離の確保など)を徹底してください
・屋外の活動も慎重にしてください
・発熱等の症状(発熱、咳、のどの痛み、息苦しさなどの症状)がある場合は、外出を控えてください

300mも続く藤棚のトンネルの下をお散歩

花郷OKADA@京丹後市

例年の見ごろ:5月上旬(5月3日ごろ〜5月10日ごろ)

京丹後市網野町に位置する「花郷OKADA(はなごう オカダ)」。その広さ、なんと甲子園球場の5倍以上。例年5月上旬に見ごろを迎える園内の藤は、本紅藤、九尺藤、白長藤の3種あり、合計およそ75本もの藤が植えられています。

300mほどある藤棚のトンネルは実にフォトジェニック。藤棚の直線ポイントで、後ろに続く藤棚を背景に撮影するのがオススメ!

4月上旬から6月中旬の期間限定でオープンしている広大な花公園には、約20種類以上の花々が期間中次々と咲き乱れます。藤の花の開花シーズンの前後にはツツジやバラも見ごろを迎えます。

園内には休憩スペースも。旬の苺販売コーナーでは自社農園産の朝摘み苺や、花郷オリジナル苺スイーツも販売されているので、おやつやお土産にぜひ!

<周辺立ち寄りスポット>

・木津温泉
・夕日ヶ浦温泉
・霜降りの滝
・不動滝(竜王不動の滝)
テイクアウトショップ 地場もん 

■■INFORMATION■■


花郷OKADA
住所:京都府京丹後市網野町木津岡田1502
TEL:0772-74-5005
時間:9:00~16:30(最終入園16:00)
料金:大人700円/小人350円/幼児無料
北畿リゾート株式会社ホームページ

国宝・鳳凰堂と藤のコラボはSNS映え間違いナシ!

平等院@宇治市

例年の見ごろ:4月中旬〜5月初旬(藤の生育のため、毎年大型連休明けごろに房を剪定します)

image by:平等院

世界遺産・平等院は桜、紅葉、雪景色…と四季折々の風景が楽しめることでも有名ですが、国宝でもある鳳凰堂と藤のコラボレーションは一見の価値アリ!境内の藤越しに鳳凰堂の写真を撮れるスポットは写真愛好家にも大人気だとか。

image by:平等院

平等院の境内にはノダフジが4本、そして表門前にノダフジ1本、ヤマフジ(だるま藤)2本があり、南門前に5本のノダフジがあります。表門、南門の藤は門の外なので、拝観時間外でも見学可能というのも嬉しいところ。

image by:平等院

境内にはツツジもあり、タイミングが良ければダブルで楽しめるかもしれませんよ。

<周辺立ち寄りスポット>

お茶と宇治のまち歴史公園 茶づな
宇治市源氏物語ミュージアム
・宇治市植物公園

■■INFORMATION■■

平等院
住所:京都府宇治市宇治蓮華116
TEL:0774-21-2861
時間:8:30〜17:30(17:15受付終了)
料金:大人600円/中学生400円/小学生300円
公式ホームページ
(開花前〜終了まで開花情報を掲載。URLは更新時のみ公開)

推定樹齢1200年の藤は旅の安全を守る道祖神

才ノ神の藤@福知山市

例年の見ごろ:4月下旬〜5月GW中(天候などにより多少の前後あり)

image by:京都府地域情報ファクトブックシステム(福知山市役所大江支所、京都府)

福知山市の北部、鬼伝説で有名な大江町にある才ノ神の藤。“才ノ神”とは「塞の神」、旅の安全を守る道祖神を意味しているのだとか。府の天然記念物に指定されている才ノ神の藤は、自然に自生したヤマフジ。推定樹齢1200年の藤が四方八方に枝を張り、約30m四方に及ぶ藤棚が広がっています。

image by:京都府地域情報ファクトブックシステム(福知山市役所大江支所、京都府)

藤棚の下から見上げると、30~40cmの艶やかな紫色の花房が垂れ下がり、ふんわりと甘い香りに包まれ、うっとりすることでしょう。園内はどこもナイスビューですが、特に藤棚の真下や、藤棚を見下ろす山の展望所からの眺めは抜群!展望所には5~6人ほどが座れるベンチもありますよ。

<周辺立ち寄りスポット>

・福知山城
・福知山市動物園
・大江山

■■INFORMATION■■

才ノ神の藤
住所:京都府福知山市大江町南有路
TEL:0773-56-1102(福知山市役所大江支所)/0773-56-2070(福知山観光協会大江支部)
時間:自由観覧
料金:無料
福知山市公式ホームページ

いま読まれてます
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
【2022】京都府内の艶やかな「藤の花」おすすめ観賞スポット
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます