【2023秋】見頃はいつ? 京都の美しい彼岸花スポット

Array
2023/09/09

黄金色の稲穂と彼岸花の赤いコントラストが美しい

【亀岡市】曽我部町(ひがん花の里)

見ごろ:9月中旬~9月下旬

image by:(一社)亀岡市観光協会

亀岡市曽我部町は、江戸時代中期に再建された京都府登録文化財・穴太寺(あなおじ)がある場所としても有名。

このあたりでは、近年「ひがん花の里」として写真愛好家のみならず、たくさんの人が彼岸花を見に訪れます。

9月中旬になると、田畑を囲うように彼岸花が咲き、稲刈り前の時期には、黄金色の稲穂と真紅の彼岸花が並んだ光景が見られます。

image by:(一社)亀岡市観光協会

亀岡市で毎年実施される「亀岡市観光写真コンテスト」では、亀岡の観光をテーマにした写真が多数応募されています。

KYOTO SIDEで掲載している受賞作品は、いずれも穴太寺の南側に広がる田んぼの畔で撮影されたものだとか。さらに、穴太寺付近では変種として白色の花を咲かせることがあるそうですよ。

image by:(一社)亀岡市観光協会

■■立ち寄り情報■■

西国三十三所21番札所の「穴太寺」の本堂に祀られている釈迦如来涅槃像は、撫で仏としても知られていて、自分の病と同じところを撫でると病気平癒のご利益があるとされています。

布団の中で安らかに眠る姿に心が洗われます。京都府の名勝に指定されている美しい庭園も見ものですよ!

穴太寺も紹介している珍しい仏像の記事はこちら

■■INFORMATION■■

南條ひがん花の里直売所
住所:京都府亀岡市曽我部町西条三町ヶ坪4-1
電話:090-2593-7647
時間:8:00〜12:00
定休日:月・火・木〜土曜
亀岡市公式ホームページ

彼岸花について
問い合わせ先:JR亀岡駅観光案内所
問い合わせ電話番号:0771-22-0691

古刹とともにめぐる京都屈指の彼岸花の名所

【京都市】大原

見ごろ:9月中旬(9月20日前後)

image by:大原観光保勝会

京都市内から車で進むこと1時間。四方を山に囲まれた自然豊かな大原は、三千院や実光院などの観光名所が点在する里山です。そんな大原は、お彼岸の頃には美しい彼岸花が咲き乱れる関西屈指の名所でもあるんです。

image by:大原観光保勝会

彼岸花が見られる場所は主に国道367号線西側の土手。ファミリーマートの北側から西の田んぼ付近や、大原バス停の南側辺りに多く咲いていますよ。

土手の斜面を染めるかのように咲く景色は壮観です。ほかにも田んぼの畦にも彼岸花が見られるので、お散歩しながら楽しんでみてください。

image by:大原観光保勝会

■■立ち寄り情報■■

毎週日曜、朝市を開催している「里の駅大原」。こちらでは地元で獲れた旬のお野菜などが販売されていますよ。

■■INFORMATION■■

住所:京都府京都市左京区大原周辺の田畑近辺
問合せ先:大原観光保勝会
問合せ電話番号:075-744-2148
大原観光保勝会公式ホームページ

秋の植物園を散策しながら彼岸花を楽しむ

【京都市】京都府立植物園

見ごろ:9月中旬~下旬

image by:京都府植物園

京都市の花の名所「京都府立植物園」でも彼岸花が見られますよ。桜林や水車付近を中心に、園内のいたるところで見られます。

image by:京都府植物園

また、赤い彼岸花以外にも、白い彼岸花(シロバナマンジュシャゲ)や、彼岸花によく似た黄色い花を咲かせるショウキズイセンもあるのだそう。もちろん彼岸花のほかにもさまざまな植物があるので、じっくり散策しながら楽しんでくださいね。

■■立ち寄り情報■■

京都府立植物園から徒歩15分のところにある「下鴨神社」では、毎年中秋の名月の日(2023年は9月29日)に行われる「名月管絃祭」が人気。また、その日限定で授与される「幸運つき守り」もお見逃しなく~。

神秘的なご利益が期待できそうな月のお守り特集はこちら

■■INFORMATION■■

京都府立植物園
住所:京都府京都市左京区下鴨半木町
電話:075-701-0141
時間:9:00~17:00(入園は16:00まで)
定休日:12月28日~1月4日
料金:一般200円/高校生150円/中学生以下無料

番外編・思わず見惚れる美しさ!お彼岸の花手水

【長岡京市】柳谷観音 楊谷寺

image by:柳谷観音 楊谷寺

平安時代より眼病平癒の祈願所として、天皇家や公家など高貴な方々から庶民まで眼病に悩む人々に信仰されてきた柳谷観音 楊谷寺(ようこくじ)。

近年では花手水発祥のお寺としても人気ですよね。四季折々の装いを見せる花手水には、彼岸花バージョンも登場しますよ。

image by:柳谷観音 楊谷寺

手水鉢いっぱいに彼岸花で埋め尽くされた様子は、惚れ惚れしつつも厳粛な雰囲気さえ感じられますね。この花手水は9月下旬に登場予定。リアルタイムの花手水の様子はHPやInstagramでお知らせされているので、チェックしてみてください。

■■立ち寄り情報■■

柳谷観音から車で10分ほど東へ行くと「サントリー〈天然水のビール工場〉 京都」があります。ここでは、長岡京市に流れる良質な天然水を使ったプレミアム・モルツの製造ラインを見学することができますよ。ツアーの最後にはプレモルを試飲できるので、ぜひタクシーで移動することをおすすめします。

京都府内の工場見学スポットを紹介した記事はこちら

■■INFORMATION■■

柳谷観音 楊谷寺
住所:京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷2
電話:075-956-0017
時間:9:00~17:00(16:30受付終了)
定休日:なし
料金:通常期500円/ウィーク開催時700円(高校生以下無料)/上書院・寺宝庫800円
公式ホームページ
Instagram

  • source:KYOTO SIDE
  • image by:フォトAC
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

WebSite

エアトリインターナショナル コスパが高いLCC「ジェットスター」直行便でラクラク!ケアンズで大自然の癒やしを満喫しませんか?
【2023秋】見頃はいつ? 京都の美しい彼岸花スポット
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます