旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

悪僧の伝説が残る、福井県「東尋坊」で高さ25mの絶壁を散歩

坂本 正敬
坂本 正敬
2018/11/04

歩いたがけを海上からも眺められる

image by: 福井県観光連盟

観光客としての東尋坊の楽しみ方は、主に3つあります。

  1. 自分の足で絶壁を歩く
  2. 遊覧船に乗って海から絶壁を眺める
  3. 東尋坊商店街を散策する

1に関しては屏風岩、三段岩など、火山岩の一種である安山岩の柱状節理を間近に楽しめます。柱状節理とは、

<マグマが冷却固結する時に生じる柱状の割れ目>(『広辞苑』より引用)

でしたね。

2の遊覧船は、迫力満点の絶壁を海側から見上げられます。近隣の離島で、同じく柱状節理が眺められる雄島までのショートクルーズも楽しませてくれます。

3の東尋坊商店街に関しては、『福井大百科事典』にもあるように、

<岩場先端部まで張り出し、著しく景観を乱していた店舗も>(上述の書籍より引用)

昔はあったそうですが、今ではそのあたりもきちんと整理されています。食事処から浜焼き屋、海産物店、土産物店など、各種のお店がそろっていますから、楽しみ方はいろいろ。できれば1と2と3を丸ごと満喫したいですね。

image by: 福井県観光連盟

ちなみに東尋坊の周辺には、休暇村越前三国がある海浜自然公園や越前松島水族館、三国サンセットビーチ、三国港突堤、芦原温泉、芝政ワールドなどもあります。個人的には三国港突堤で眺める夕日が、旅情にひたれて大好きです。福井県はサンセットの美しい海岸が連続していますので、滞在中は天候が許せば、ぜひ夕日も眺めてみてくださいね。

参考

  • ※福井県大百科事典(福井新聞社)
  • ※福井県の地名(平凡社)
  • ※角川日本地名大辞典(角川書店)
いま読まれてます

翻訳家/ライター。1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の紙媒体、WEB媒体に日本語と英語で執筆する。 主な訳書に『クールジャパン一般常識』(クールジャパン講師会)。

 富山 ダム湖から復活した、船でしか行けない秘湯「大牧温泉」 ★ 731
 富山 交通手段はトロッコ電車のみ。山奥の秘湯「黒薙温泉」 ★ 245
 富山 富山にあるスタバはなぜ、今も「世界一美しい」と言えるのか ★ 92
 福井 「水ようかん」は冬の名物?福井の不思議なスイーツの常識 ★ 42
 福井 「晴明神社」は京都だけじゃない。北陸のレトロな港町・敦賀を行く ★ 25
悪僧の伝説が残る、福井県「東尋坊」で高さ25mの絶壁を散歩
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます