旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

意外な穴場も。関西エリアの「ホタル鑑賞」スポット&イベント20選【2019】

ニッポン津々浦々
ニッポン津々浦々
2019/05/13

初夏の一時期にみられるホタルは、日本の夏の風物詩のひとつです。真っ暗な夜の空間を美しい光を放ちながら飛びまわるその姿は、なんともロマンチックですね。

花火大会やお祭り、リゾート地での海水浴もいいですが、これからの時期はロマンチックにホタルデートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

今回は大阪、京都、兵庫、滋賀、和歌山の関西エリア内から、おすすめのホタル鑑賞スポット&イベントを、参考の見ごろ時期と一緒にご紹介します。

1.新梅田シティ・中自然の森/大阪府大阪市

参考観測時期:6月初旬

イメージです。image by:photolibrary

大阪府大阪市北区にある庭園「中自然の森」は、大都会のど真ん中でありながら、ホタルが鑑賞できるスポットとして有名です。

同所の水辺ではホタルの繁殖のため、成虫約2,000匹を放流しており、毎年6月になるとゲンジホタルが美しく舞う様が観賞することができますよ。

2.太閤園 ホタル物語/大阪府大阪市

参考観測時期:5月下旬~6月下旬

image by:藤田観光

大阪府大阪市にある宴会場・結婚式場・レストランである「太閤園」では、毎年初夏になるとイベント「ホタル物語」を開催しています。

同イベントでは食事やビュッフェを楽しみながら、ゲンジボタルやヘイケボタルを鑑賞することが可能です。

2019年は5月17日(金)から6月23日(日)までの開催予定です。

3.万博記念公園 螢の夕べ/大阪府吹田市

参考観測時期:5月下旬~上旬

イメージです。image by:photolibrary

大阪府吹田市の「万博記念公園」内の日本庭園で開催されるイベント、「万博記念公園 螢の夕べ」ですは、約300匹のゲンジボタルとヘイケボタルが日本庭園の中を飛び交います。


またホタル観賞だけではなく、コンサートなども開催されるので、仕事帰りにリラックスしたり、デートなどにもぴったりなイベントですよ。

2019年の開催期間は5月25日(土)から6月9日(日)まで。期間中は毎週土曜日の午後6時30分から午後8時までの間、ボランティアスタッフさんによる解説も聞くことができます。


4.上林川支流ほたる川/京都府綾部市

参考観測時期:6月上旬~中旬

イメージです。image by:photolibrary

京都府綾部市にある「上林川支流ほたる川」では、6月上旬からゲンジボタルやヘイケボタルが鑑賞できます。

この時期には、地元の有志によるイベント「ほたるの夕べ」が6月上旬に開催され、ホタル観賞のほか、特産品の販売やコンサートなども行われます。

5.けいはんな記念公園/京都府相楽郡

参考観測時期:5月中旬~中旬

image by:KYOTO SIDE

京都府相楽郡にある南山城の公園である「けいはんな記念公園」は、自然回遊式日本庭園などで有名な庭園です。

毎年ホタルの時期になると「水景園のホタル鑑賞会」が開催され、ゲンジボタルが夜の空間を舞う幻想的な光景を鑑賞することができます。

2019年の開催期間はまだ未定ですが、2018年は5月18日(金)〜6月10日(日)の金・土・日・月曜に開催されました。

なお、写真撮影や光るものは禁止なのでご注意ください。

6.宇治市植物公園/京都府宇治市

参考観測時期:5月下旬~6月上旬

イメージです。image by:photolibrary

京都府宇治市にある「宇治市植物公園」は、ゲンジボタルが鑑賞できる植物公園です。

毎年、5月下旬からは園ゲンジホタルがモミジ林の中を飛びかう姿を見ることができ、その時期に合せてナイター営業「蛍ナイター」が実施されます。

7.奥山川沿い/兵庫県豊岡市

参考観測時期:6月中旬~下旬

イメージです。image by:photolibrary

兵庫県豊岡市にある奥山川を含む奥山渓谷は、地元の人たちによってホタルが保護されています。このため「奥山川沿い」では、シーズンになると、美しいゲンジボタルが鑑賞できます。

また毎年、奥谷区公民館で行われる「ほたる祭」や、ホタルの絵画や写真を展示する「ホタルウィーク」が開催されます。


8.ほたるの里/兵庫県養父市

参考観測時期:6月中旬~6月下旬

イメージです。image by:photolibrary

ゲンジボタルの保護地域に指定されている、兵庫県養父市の奥米地「ほたるの里」では、ゲンジボタルをメインにヘイケホタル、ヒメホタルなど数多くのホタルが鑑賞できます。

また同所にある宿泊施設「ほたるの館」では、毎年6月中旬から下旬にかけて「ほたるまつり」を開催しています。

9.諭鶴羽ダム/兵庫県南あわじ市

参考観測時期:6月上旬~中旬

イメージです。image by:photoAC

諭鶴羽ダム」は、淡路島の諭鶴羽山のふもとにあるダムです。このダムによって作られたダム湖である諭鶴羽湖の周辺は、ゲンジボタルが見られる名所として知られています。

ちなみに、ホタル鑑賞の名所でありながらソメイヨシノや紅葉など、四季折々の美しさが楽しめるダムとしても有名です。

10. 畑谷川/兵庫県西脇市中畑町

参考観測時期:5月下旬~中旬

イメージです。image by:photoAC

兵庫県西脇市を流れる「畑谷川」は、地元の人たちがふるさとづくりのためにホタルを保護し、育てています。

毎年5月下旬~6月中旬になるとこの川沿いにゲンジボタルが舞う、ロマンチックで美しい光景を見ることができますよ。

11.ハチ北高原/兵庫県美方郡

参考観測時期:7月上旬~下旬

イメージです。image by:photolibrary

兵庫県美方郡にある「ハチ北高原」には、なんとヘイケボタル、ゲンジボタル、ヒメボタルなど、兵庫県内に生息している10種類すべてのホタルが生息しています。

また毎年、ホタルにちなんだトレイルランニング大会である「姫ボタル瀞川平トレイルラン」が開催されています。

2019年は7月7日(日)開催予定です。午前中はトレイルランでさっぱりと汗を流して、夜はしっとりとホタルの光を楽しんでみてはいかがでしょう。

12.八千代区俵田/兵庫県多可町八千代区

参考観測時期:6月上旬~下旬

image by:photolibrary

兵庫県多可町八千代区俵田を流れる野間川沿いは、多数のゲンジボタルが生息しているため、ホタルの保護地域とされています。

その数はなんと2万~5万匹といわれており、環境や気象の条件が合えばこれだけの多くのゲンジボタルが舞う姿を見ることができ、まさに圧巻の光景が広がります。

13.蛍公園/奈良県宇陀郡曽爾村

参考観測時期:6月中旬~下旬

イメージです。image by:photolibrary

奈良県宇陀郡曽爾村にある「蛍公園」は、曽爾高原のそばにあるホタルのスポットです。

毎年6月中旬からはゲンジボタル、下旬からはヘイケホタルが飛び交い、この期間に「ほたるまつり」が開催されます。

14.室生川・室生龍穴神社周辺/奈良県宇陀市

参考観測時期:6月上旬~7月初旬

イメージです。image by:photolibrary

奈良県宇陀市を流れる「室生川」は、別名「ホタル街道」とも呼ばれるホタル鑑賞の名所です。

同所はゲンジボタルとヘイケボタルがおり、涼やかな川沿いをホタルが飛びかう姿は非常にロマンチックです。

特に室生龍穴神社周辺に多くホタルが現れるといわれ、夜ごと多くの人が訪れます。

15.グリーンパーク山東・天野川一帯/滋賀県米原市長岡周辺

参考観測時期:6月上旬〜下旬

image by:photolibrary

賀県米原市にある多目的連動広場、林間キャンプ場、アスレチック場を有する公園である「グリーンパーク山東」付近は、「長岡のゲンジボタル及びその発生地」として国の特別天然記念物に指定されている「天野川のゲンジボタル」を見ることが可能です。

毎年6月上旬ごろに「ほたるまつり」が開催されており、イベント期間中は散策道にホタル行灯が設置されます。

16.守山市民運動公園/滋賀県守山市三宅町

参考観測時期:5月下旬~6月上旬

イメージです。image by:photolibrary

滋賀県守山市三宅町の「守山市民運動公園」では、毎年ゲンジボタルの鑑賞を中心としたイベント、「守山ほたるパーク&ウォーク」が開催されます。

同イベントは美しいホタル鑑賞だけでなく、手づくり灯篭を設置する「夢灯(ゆめあかし)」やコンサートなどなど、さまざまなイベントが行われます。

2019年の開催日は5月18日(土)から5月26日(日)まで。ぜひ車を停めて、幻想的な光を眺めながら散策してみてください。

17.大見いこいの広場/滋賀県長浜市

参考観測時期:6月中旬

イメージです。image by:photolibrary

滋賀県長浜市にあるオートキャンプ場「大見いこいの広場」は、ホタル観賞付き宿泊プランでゲンジボタルの観賞ができます。

同施設は初心者でも気軽にキャンプを楽しめるようになっているため、ホタル観賞をメインに誰でも気軽にアウトドア体験が可能です。

18.きしべの里/和歌山県紀の川市

参考観測時期:6月上旬~6月中旬

イメージです。image by:photolibrary

和歌山県紀の川市の「きしべの里」は、貴志川のほとりにある自然公園です。市民のやすらぎの場所になっており、ゲンジボタルの名所として地元住民に愛されています。

19.滝原温泉 ほたるの湯/和歌山県有田郡

参考観測時期:6月上旬〜中旬

イメージです。image by:photolibrary

和歌山県有田郡にある、宿泊施設もある日帰り温泉施設「滝原温泉 ほたるの湯」は、ほたるの里といわれる大自然のなかにあるため、シーズンになると幻想的なホタル観賞が楽しめます。

周辺エリアでは、特に広川ダム上流地区が観賞スポットとして人気です。

20.かつらぎ町 ほたるの里/和歌山県伊都郡かつらぎ町

参考観測時期:6月初旬〜下旬

イメージです。image by:photolibrary

和歌山県かつらぎ町の志賀・天野地区は、環境省の「ふるさといきものの里100選」にも指定されているほどのホタルのメッカです。

毎年、6月中旬の午後7時30分ごろから午後9時ごろにかけて、美しく飛び交うゲンジボタルが見られますよ。

image by:BlackRabbit3/Shutterstock.com(イメージです)

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

本業は某百貨店などのグルメ系イベント企画。日本全国をめぐりすぎて詳しくなってしまったため、紙・Webなど幅広くグルメ・旅行ライターをやっています。

意外な穴場も。関西エリアの「ホタル鑑賞」スポット&イベント20選【2019】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい