旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

紅葉だけじゃない!秋の景色を満喫できるコスモス&曼殊沙華6選

KYOTO SIDE
KYOTO SIDE
2019/09/11

30種類もの色々な品種が楽しめる
京都府立植物園

見頃:10月中旬~11月初旬

京都府立植物園は、日本最初の公立総合植物園として大正13年に開園した歴史ある植物園です。ばら園やバオバブで有名な日本最大級の観覧温室のほか、ピクニックにぴったりな広大な大芝生地もあり子供から大人まで楽しめますよ。

こちらのコスモスは10月中旬からが見ごろ。植物園会館前や洋風庭園の東側に咲き誇ります。種類も豊富で黄花や八重咲き、筒咲きなど30品種、40005000株も植栽され、ピンク、赤、黄、オレンジなどカラフルな花色が11月中旬まで楽しめます。(写真はピコティ)

こんな八重咲きのかわいいコスモスもあるんですね。こちらは「ダブルクリック」。花色も豊富で豪華な印象のコスモスです。花弁が筒状になるなど変化も楽しめるそうですよ。こちらは11月頃まで咲いています。

ビビットな発色のこちらは「ソナタ」。草丈が低いコンパクトでシンプルな印象のコスモスですが、花径が巨大で約10cmもあるのだとか。花色は赤紫、桃、白色があります。

また、これからの季節はコスモスの他にもシュウメイギクやサルビア・レウカンタ、バラなど、秋の色鮮やかな花々で園内が彩られます。1020日~1110日に大芝生地特設展示場で開催される「菊花展」は毎年、好評の催しです。大菊、小菊、古典菊など様々な種類の菊約300鉢を展示、こちらもオススメ。

■■立ち寄り情報■■

京都府立植物園は、地下鉄からも近いのでそのまま電車で京都市内を観光、もおすすめですが、せっかくなら周辺を歩いてみるのも◎

賀茂川を眺めながら北上すれば、京都最古の神社「上賀茂神社」が。厄払いから縁結びまで、行かなきゃ損のパワースポットです。自然と神々にエネルギーをいただいて英気を養ってみては?

■■INFORMATION■■
京都府立植物園
京都府京都市左京区下鴨半木町
電話 075-701-0141
時間 9:0016:00(受付)
入園料 大人 200円 高校生150円 中学生以下無料


「幻の都」に咲くコスモスにうっとり
恭仁宮跡(山城国分寺跡)

見頃:10月上旬~11月上旬

京都府木津川市。ここには奈良時代中期に平城京から遷都された「恭仁京(くにきょう)」という都がありました。わずか数年で遷都されたため「幻の都」と呼ばれ、万葉集にも登場します。

その中心部である恭仁宮跡の東側には10月初旬~11月初旬まで白やピンク、赤など色あざやかなコスモスが咲き競います。

幻の都で咲く一面のコスモスを前に、万葉の世界に浸ってみては?

■■立ち寄り情報■■

恭仁京から車で南へ約20分のところには、奈良との県境付近にある当尾(とうの)の里が。こちらはたくさんの磨崖仏や石仏、古刹があり、中でも岩船寺や浄瑠璃寺はアジサイや紅葉で有名なスポットです。

自然たっぷりの道をハイキングしながら、+αの秋の景色を堪能してみてください。

■■INFORMATION■■

恭仁宮跡(山城国分寺跡)
京都府木津川市加茂町例

KYOTO SIDE

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

紅葉だけじゃない!秋の景色を満喫できるコスモス&曼殊沙華6選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい