旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ウズベキスタンと東京五輪のホストタウン「舞鶴市」の感動の実話に迫る

KYOTO SIDE
KYOTO SIDE
2019/11/30
【写真提供:舞鶴市役所】ウズベキスタン文化芸術訪問団の舞鶴公演より

舞鶴市はウズベキスタンの東京オリンピック・ホストタウンです。つい先日、記念事業としてウズベキスタンのトップアーティストたちで構成された「文化芸術訪問団」が舞鶴公演を行ったばかり。

この記事を読んでいただいて、ぜひこの機会に舞鶴市立赤れんが博物館、舞鶴引揚記念館を訪れ、肌で感じてください。壮大な歴史のストーリーに思いを馳せることができますよ!それでは舞鶴とウズベキスタンの関係に迫ります!!

そもそもウズベキスタンってどんな国?

日本から飛行機で8時間、中央アジア屈指の観光地

【写真:フォトライブラリー】ウズベキスタンの世界遺産サマルカンドにあるシェルドル・メルドセ

ウズベキスタンは関西国際空港から直行便の飛行機で約8時間、日本から6,400㎞離れた中央アジアに位置しています。1991(平成3)年ソ連の解体にともない独立後、ウズベキスタン共和国となりました。首都はタシケント。

舞鶴市立赤れんが博物館の展示パネルより

人口は約3,000万人を数える他民族国家で、約7割がウズベク人。現在130ほどの民族が暮らしています。かつて「シルクロードのオアシス」として古くから栄えたウズベキスタン。サマルカンドは「青の都」として中央アジア随一の観光地と言われており、サマルカンドブルーが映えるフォトジェニックなイスラーム建築群はSNSでも注目されています。

ウズベキスタンの人にインタビュー成功!日本と文化が似ていた

ウズベキスタン文化芸術訪問団のみなさん

ウズベキスタン文化芸術訪問団の方に特別にインタビューをさせていただきました。

――舞鶴に来られた感想は?

一番感動した風景はとっても緑が多くて自然豊かなところ。空気がとても美味しいですね。十数年前、ウズベキスタンの高級ホテルの横に日本庭園ができたのですが、ウズベキスタンの人は庭園の印象から、日本がとても美しい国だとみんな思っています。桜や石庭もあるんですよ。

――日本との共通点はありますか?

文化が似ていると思います。例えば、お年寄りを敬ったり、おもてなしの心を大切にしたり。お茶を飲む文化もあるんですよ。


【写真:フォトライブラリー】ヒヴァのモスク

――日本人におすすめの観光地はありますか?

サマルカンド、ブハラ、ヒヴァの三大遺跡はもちろんですが、まず最初に首都タシケントで「ナヴォイ劇場」を必ず見てほしいですね。そして最近、タシケントは近代的なビルがたくさんできているので、そちらへも立ち寄ってほしいです。

また、来年2020年の9月には大きな音楽祭を開催する予定です。18~19世紀の風景が再現される中、ウズベキスタンの伝統的な音楽を聴くことができます。ちょうど9月はフルーツがすごく美味しい季節なので、ぜひお越しください!

KYOTO SIDE

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

ウズベキスタンと東京五輪のホストタウン「舞鶴市」の感動の実話に迫る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ