旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

東京の赤羽から始まった?日本と世界のコインランドリーの歴史

坂本 正敬
坂本 正敬
2020/02/07

暖冬で北国でも雪の少ない冬が今年は続いていますが、日本海側の山陰や北陸、東北や北海道などに暮らす人だと、普通は悪天の多さで洗濯物の乾燥に困るはずです。

その場合、役立つ場所がコインランドリー。熱源がガスの業務用乾燥機があるため、数日分の大量にたまった衣類を30分程度で乾かせます。都心部で洗濯機を置くスペースがない住居に暮らしている人にも、便利な場所ですよね。

投資対象として人気のため、いまも数が増え続けているコインランドリーですが、一体いつから日本にあるのでしょうか?

そこで今回は日常生活はもちろん、旅先でも欠かせないコインランドリーについてご紹介していきます。

日本には16,000カ所以上のコインランドリーがある

image by:icosha / Shutterstock.com

日本にはコインランドリーがいくつあるかご存じですか?

都心部周辺に暮らしていると分からないかもしれませんが、同じ関東でも都心から離れたエリア、さらに全国の地方にはいま、コインランドリーが増え続けています。

北陸に暮らす筆者はコインランドリーをそこかしこに見かけますし、先日埼玉県のベッドタウンを車で通ったとき、コインランドリーの多さにびっくりしてしまいました。

厚生労働省のまとめた資料によると、コインオペレーションクリーニングの営業場所が、2015年には16,693カ所にものぼっていると分かります。

1995年の同調査では9,206店となっており、その数は20年間で一貫して増え続けていると分かりますよね。


コインランドリーが日本に登場するためには、電気と水が自由に使える社会インフラが整っていなければなりません。もちろん、電気洗濯機も世の中に開発されていなければダメです。

日本で家電が普及し始めた時期は、戦後の1950年~1954年。評論家の大宅壮一が1953年を「電化元年」と呼んだように、このころから日本の住宅事情に合った洗濯機の改良・販売が模索されます。

その時点で庶民の手には届かなかったものの、アメリカ型の洗濯機、イギリス型の洗濯機は世の中に存在していました。

image by:P Gregory / Shutterstock.com

アメリカ映画に登場する洗濯機を見て、日本人が憧れを抱いていたと、清水慶『あこがれの家電時代』(河出房新社)にも書かれています。

恐らくこの時代前後がコインランドリーの「誕生日」だと予想されるのですが、どうなのでしょうか。

翻訳家/ライター。1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の紙媒体、WEB媒体に日本語と英語で執筆する。 主な訳書に『クールジャパン一般常識』(クールジャパン講師会)。

 京都 「下らない」と「下りもの」の語源に隠された、京都と江戸の上下関係 ★ 29
 東京 なぜ東京・月島は「もんじゃ」のまちになったのか?その歴史と由来 ★ 230
 国内 正直、負けたわ!アメリカ人が驚いた、日本の美味すぎるファストフード ★ 401
 国内 自慢したくなるウマさ。B級グルメが美味しい都道府県ランキング ★ 72
 国内 ここの郷土料理は美味しいと思う「都道府県ランキング」TOP10 ★ 434
SBIネオモバイル証券 「Tポイントで株を買う」資産運用術とは?ポイ活の新しい出口戦略
SoftBank光 SB光への乗り換えで3.8万円キャシュバック&他社違約金も満額還元中!
保険見直し本舗 プロが無料で教える!無駄な保険をリストラしつつ保障を維持する方法
東京の赤羽から始まった?日本と世界のコインランドリーの歴史
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます