旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

北海道の絶品ラーメン!「旭川しょうゆホルメン」の魅力とおすすめ店5選

Array
2021/12/04

北海道ではラーメン文化が栄えていますよね。札幌は「みそラーメン」、函館は「塩らーめん」、旭川は「しょうゆラーメン」ともいわれ、各地で絶品の味を楽しむことができます。

そして今回ご紹介するのは、北海道の中央部に位置する旭川市のソウルフード「旭川しょうゆホルメン」です。

旭川伝統のしょうゆラーメンに、チャーシューを盛る代わりに、旭川で昔から庶民の間で良く食されている「ホルモン」盛った新感覚の一品です。いったいホルメンとはどんなものなのか?旭川市内で人気のお店とともにご紹介していきます。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

「しょうゆホルメン」とは?

旭川ラーメンimage by:Shutterstock.com

「旭川しょうゆホルメン」は、その名で特許庁の商標登録を受けています。その定義というのは、下記の条件を満たしていること。

  • 1. 専用の赤いどんぶりを使用すること
  • 2. ラーメンのスープはしょうゆ味であること
  • 3. ホルモンが入っていること
  • 4. 国産コラーゲンと旭川醤油を使用していること

旭川は、大雪山・旭岳を源流とする良質な水と肥沃な土地に恵まれており、昔より米や野菜をはじめとする農業が盛んでした。

とくに養豚業は当時の旭川の基幹産業であり、豚骨を利用したスープが考えられ、さらにそこに魚介系のダシを合せたWスープが誕生し、これが現在の旭川ラーメンの原点に。そして良質な水を背景に、酒や醤油づくりが盛んであったため、しょうゆ味が基本となりました。

豚の内臓から取れる栄養豊富でコラーゲンたっぷりのホルモンは、戦争当時の食糧難のころから貴重な栄養源として庶民に広まります。この旭川を代表する2つのソウルフードを合せたのが「旭川しょうゆラーメン」となったのですね。

「旭川しょうゆホルメン」おすすめ店5選

1.ラーメン専門 ひまわり

image by:赤池リカ

1981年開業。旭川しょうゆホルメンの元祖といわれる名店です。当初はしょうゆラーメンを提供していたそうですが、より美味しく栄養をつけたラーメンを提供したいという店主の思いから、昔から旭川で広く食されていたホルメンを乗せることに。その味は徐々に地元の間で口コミで広がり、旭川の名物へ成長していきました。

image by:赤池リカ

このお店では唯一「味噌ホルメン」を提供しています。旭川ホルメンは本来しょうゆを使用することが定義されておりますが、ここでは濃厚な味噌スープに、独自に味付けされた北海道産ホルモンを使用。


ホルモン独特の臭みもなく、プリプリとした食感が味わえます。味噌スープとの相性も抜群です。ホルメンを食べるならまずはこのお店から始めてみてもいいかもしれませんね。

  • ラーメン専門 ひまわり
  • 北海道旭川市大雪通3丁目1階
  • 公式サイト

2.羅亜~麺 加藤屋

image by:赤池リカ

旭川市内に4店舗をもつ人気店。あっさり系のまろやかでクセのないしょうゆスープに、低加水のストレート麺がしっかりとマッチング。

image by:赤池リカ

ホルモンは、旭川市内の食品加工会社がホルメン用に独自開発したものを使用。柔らかくて、こんがり焼き目が入ったホルモンとスープの相性も抜群です。

いま読まれてます
北海道の絶品ラーメン!「旭川しょうゆホルメン」の魅力とおすすめ店5選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます