旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

9月20日から動物愛護週間〜京都動物愛護センターに行ってきた!〜

Array
2020/09/25

ここ数年、SNSや動画配信サイトで大人気のアニマル動画。お仕事の合間やほっとひと息つきたいときに、ついつい見ちゃうという人も多いのではないでしょうか。

そんな癒しをくれる動物たちと絆を深める期間が、9月20〜26日の動物愛護週間!動物を愛する心を育み、ペットの正しい飼い方を見つめ直す機会にしようと制定されたものなんです。

今回は動物愛護の最前線「京都動物愛護センター」におじゃまして、所長補佐で獣医師の神村孝さんにお話を伺ってきました。

イメージが違う!?画期的な動物愛護センター

京都市南区上鳥羽公園内にある、自然と調和した建物

京都動物愛護センターは、2015年にオープンした、京都府と京都市が共同で運営している動物愛護の拠点です。実は、縦割りといわれる行政の垣根を超えて、このような施設が作られたのは全国で初めて! 情報が統一化され、譲渡対象が府内全域に拡大されたおかげで、動物たちの譲渡件数も増えたんです。

「動物愛護センター」と聞いて多くのかたは、動物を殺処分する施設と思われているのではないでしょうか。産み落とされた幼猫、負傷し治療困難な犬猫、攻撃性があり人が扱えない犬などは、麻酔薬を用いた殺処分となることもあります。

ただし、それ以外の犬猫は、健康管理、ワクチン接種、血液検査、避妊去勢手術(ただし、幼犬猫、高齢犬猫を除く)等を行い、希望者に譲渡する未来を紡ぐ場所なんです。

訪れた第一印象は、明るくてきれい!しかも駅から近い!ほとんどの自治体の動物愛護センターは郊外にありますが、ここは京都駅にもほど近い、近鉄「十条」駅から歩いて約5分という抜群の立地にあるんですよ。

ボランティアさんも活躍!愛護センターのお仕事

ボランティアさんの愛がこもった館内の展示物

センターのお仕事は、行き場のない犬や猫を保護し、健康管理をして新しい飼い主さんに譲渡するほか、トレーナーさんによる「しつけ方教室」を開いたり、動物愛護の啓発イベントを行ったり……と多岐に渡ります。

そのため、動物たちの日々のお世話や館内の展示物の作成、来所者への対応などはボランティアさんによる尽力が大きいところ。今のところ約100名のかたが登録されており、現在、第8期のボランティアスタッフを募集されています。


応募〆切:令和2年9月28日〈月〉
応募方法はこちら

どんな動物が保護されているの? 

写真右:今回お話を伺った職員の神村さん

京都動物愛護センターに搬入動物は犬と猫。センターに来た経緯はさまざまですが、神村さん曰く、犬の場合は飼い主の体調不良や死去で飼い続けることができなくなったケースが一番多く、猫の場合は、産んで親猫が飼育放棄した子猫を持ち込まれるケースが多いそうです。

平成30年度に搬入された犬は195頭、猫は1046頭。どちらも年々、数は減っており(平成25年度と比べると半減!)、譲渡割合が増えているのが幸いですが、理想はそもそも持ち込まれる犬猫がいないこと。人と動物が真に共生する社会を目指して、皆で問題を考え、改善していきたいですね。


動物たちは施設でどのように過ごしているの?

搬入された犬や猫は、まず「収容室」に入って健康状態やケガの有無をチェック。その後、「検疫室」で感染症の検査やワクチンの接種、人と暮らす準備として行動の矯正などを行い、「譲渡室」で新しい飼い主さんとの出会いを待ちます。神村さんの案内で譲渡室に行ってみると……

猫の譲渡室

取材当日は生後3カ月ぐらいの子猫を中心に10頭ほどが待機。

じゃれあう子猫たちがかわいい……。

ステキな飼い主さんを待っています。

飼い犬を亡くした寂しさを埋めるため、京都動物愛護センターでボランティアを始めた吉元さん。「長くお世話した子にお迎えが来ると嬉しい」とニッコリ。

犬の譲渡室

エアコン、床冷暖房完備の部屋が全部で20室。

相性や飼育環境のマッチングのため、部屋には性格などを記載したカードを掲示。「この犬を迎えたい」と思っても、条件が合わない場合は、職員やトレーナーの判断などにより、お迎えできないことも。

怖がりでいつも隅っこにいるというマイ君。

センターから動物を迎えたいと思ったら

動物を迎えてくれるなら、誰でもいいというわけではありません。まずはこちらのページをよく読んでから、センターにお問い合わせを。譲渡を成立させるためには、さまざまな条件や審査があります。

いま読まれてます
9月20日から動物愛護週間〜京都動物愛護センターに行ってきた!〜
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます