旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

大きさだけが自慢じゃない!? 京都府内の巨大な◯◯に注目!

Array
2021/09/30

魔除けパワーを宿す“日本一の鬼瓦”

大江山平成の大鬼@福知山市

丹波と丹後の国境にまたがる大江山は、能の曲目「大江山」などで知られる酒呑童子の伝説をはじめ、数々の鬼伝説が残る“鬼の本場”。

麓にある大江地域には、国内外の鬼の文化・芸能を展示する「日本の鬼の交流博物館」があり、そこで温かく(?)出迎えてくれるのが、高さ5m、重さ10トンにおよぶ超ビッグサイズの鬼瓦「大江山平成の大鬼」です!

平成5(1993)年の博物館オープンの翌年に誕生したこの鬼瓦は、「日本鬼師の会」に所属する全国の鬼瓦職人が、顔を130のパーツに分けて、各産地の土と焼成技法で作り、現場でつなぎ合わせた超大作。以来、日本一の鬼瓦としてこの地に君臨しています。

「日本の鬼」「世界の鬼」「大江山の鬼」などのテーマ別に、鬼にまつわる貴重な史料を展示

鬼は古来、“魔なるもの”として畏れられてきただけでなく、魔除けのパワーがあると信じられてきました。そこで人々は、鬼の顔を象った鬼瓦を屋根の端などに取り付け、無病息災や家内安全を願ったのです。

館内には、そうした鬼瓦のルーツや造形のうつり変わりをわかりやすく紹介するコーナーも設けられているので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

悪しく美しく愛おしい……京都に伝わる鬼の伝承【福知山市・宮津市・京都市】

■■INFORMATION■■

大江山平成の大鬼(日本の鬼の交流博物館
住所:京都府福知山市大江町佛性寺909
電話:0773-56-1996
時間:9:00〜17:00(入館〜16:30)
定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌日休み)
料金:330円(高校生 220円/小中学生 160円)
駐車場:有
※緊急事態宣言発令中は休館となります。

子ども想いのまちづくりから生まれた個性派遊具

木馬公園@木津川市

けいはんな学研都市の中心部に位置する「木津川台」という地域には、知る人ぞ知るユニークな公園があるんです。高さ10mを超える、巨大な木馬型遊具が設置されていることから「木馬公園」と名付けられています。


木馬の胴体右側にはジャングルジム、左側にはハシゴが付いており、背中の通路を伝って左右の行き来も自在。さらに尾の部分のすべり台からスルスル〜ッと一気に降りることもできちゃいます。対象年齢6〜12歳のちびっ子なら、エンジョイしてくれること間違いなしですよ。

しっぽの部分はすべり台に。しっかりとした材質で、安定感もバツグンです

木津川台にはほかにも、舟の形をした遊具が目玉の「川舟公園」や、長いすべり台がある「木津川台公園」など、遊具にこだわった公園が多数点在しています。

今から30年ほど前、この地域が「近鉄ニュータウン木津川台」として開かれた際、「子どもに親しみを持ってもらえるような遊具を設置しよう!」を合言葉に、新しい公園づくりが進められたのだそうです。巨大木馬の見物がてら、木津川台の公園めぐりをしてみてはいかがでしょう?

■■INFORMATION■■

木馬公園
住所:京都府木津川市木津川台1丁目23番地1
電話:0774-75-1221(木津川市役所 管理課)
時間:入場自由
駐車場:無

  • source:KYOTO SIDE
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

WebSite

大きさだけが自慢じゃない!? 京都府内の巨大な◯◯に注目!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます