【2023】京都でコスモス畑行くならここ。ロマンチックな秋散歩へ

Array
2023/09/23

さまざまな品種のカラフルなコスモスが楽しめる

【京都市】京都府立植物園

見ごろ:10月中旬~11月中旬

image by:京都府立植物園

「京都府立植物園」は、京都市営地下鉄の北山駅から徒歩すぐのところにある大正13年に開園した日本初の公立総合植物園です。

東京ドーム5個分の敷地には12,000種類の植物が植栽されていて、ばら園やバオバブで有名な日本最大級の温室のほか、ピクニックにぴったりな広大な芝生やなどがあり子供から大人まで楽しむことができます。

こちらでは10月中旬から植物園会館前や北山広場、洋風庭園でさまざまな種類のコスモスを見ることができますよ。

image by:京都府立植物園

花びらが八重や筒咲きなどのものに加え、ピンクや黄色、オレンジなどのカラフルな花色が約15品種、4,000~5,000株が植栽されています。

image by:京都府立植物園

左上から時計回りに、筒状の花弁の半八重~八重咲きの珍しい花型の「ダブルクリック ローズボンボン」、花弁の多い花色混合の変り咲き種「サイケ」、珍しい淡橙色の花色の「キャンパスオレンジ」、花弁に絞りや覆輪があり縁に縦模様が入っているのが特徴の「あかつき」。

コスモスにもさまざまな個性があって面白いですね。10月20日(金)~11月15日(水)には古典菊などさまざまな種類の菊が見られる「菊花展」も行われるので、ぜひ覗いてくださいね。

<周辺立ち寄りスポット>

京都府立植物園に行ったら隣にある「京都府立陶板名画の庭」にも行ってみませんか?陶板名画の庭は安藤忠雄設計による屋外美術館。


レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」など、8点の名画をそのまま再現した陶板画が屋外で鑑賞できる世界で初めての絵画庭園なのです。

■■INFORMATION■■

京都府立植物園
住所:京都府京都市左京区下鴨半木町
電話:075-701-0141
時間:9:00~16:00(受付)
入園料:一般200円/高校生150円/中学生以下無料/70歳以上・障害者の方及びその介護者(要証明書提示)無料
定休日:年末年始

動物とふれあいながら楽しめるコスモス畑

【綾部市】綾部ふれあい牧場

見ごろ:10月中旬~11月上旬

image by:綾部市ふれあい牧場

舞鶴若狭自動車道「綾部IC」から車で5分ほどのところにある「綾部ふれあい牧場」では、ヒツジやウサギなどさまざまな動物たちと自由にふれあうことができるほか、ジビエ料理やBBQ(予約制)などが楽しめます。牧場内にはちょっと珍しい「ネコ牧場」などもありますよ。

そんなモフモフの動物たちとのふれあいが魅力的な牧場では、秋になると約5000平方メートルの牧草地にコスモス畑が広がります。

image by:綾部市ふれあい牧場

コスモス畑の中には遊歩道があるので、散歩しながらのんびりとした時間を過ごすことができます。

image by:綾部市ふれあい牧場

そして牧場内には昨年の夏に登場した新たな映えスポットである“ドア”が置かれた場所があるので、こちらを見つけたらコスモスと一緒に素敵な写真撮影にチャレンジしてみてください。

また、11月3日には「綾部ふれあい牧場祭 秋」が開催され、鷹匠の実演やツリークライミングなどワクワクする企画が目白押しですよ。コスモスと一緒に綾部ふれあい牧場の秋を楽しんでくださいね。

<周辺立ち寄りスポット>

綾部市の素材を使ったパンとアイシングクッキーが人気のお店「5miche」。お土産にも嬉しいクッキー缶は、通常3種類が販売されていています。

自家製ジャムを使ったクッキーや、イベントごとに変わるアイシングクッキーなど、フタを開けるのがワクワクしちゃいそう。クッキーの種類などはInstagramでチェックしてみてくださいね。

5micheのかわいいクッキー缶の記事はこちら↓

■■INFORMATION■■

綾部ふれあい牧場
住所:京都府綾部市位田町桧前81
電話:0773-48-1000
時間:10:00~17:00
定休日:火曜
料金:入場無料

番外編・思わず写真に収めたくなる!早朝のコスモス

【綾部市】由良川花庭園

見ごろ:10月上旬~10月中旬

image by:綾部市観光協会

「由良川花庭園」は舞鶴若狭自動車道「綾部IC」から車で5分ほどのところにある、由良川の河川敷に整備された花庭園です。

10月上旬になると、シルバー人材センターの会員によって大切に育てられた大小約40の花壇と、白瀬橋を挟んだ東側にある約1.600平方メートルの畑にかわいいコスモスが花を咲かせます。

こちらの花庭園は24時間開放されているので、写真好きの方は早朝や夕方に観賞するのがおすすめです! 特に早朝はタイミングがよければ、教会を背景に朝霧に包まれたドラマチックなコスモスを撮影することができますよ。

こちらの花庭園は24時間開放されているので、写真好きの方は早朝に観賞するのがおすすめです!タイミングがよければ、教会を背景に朝霧に包まれたドラマチックなコスモスを撮影することができますよ。

image by:綾部市観光協会

また、花壇と畑のコスモスはハサミを持参すれば、誰でも自由に無料で摘み取りできるのも嬉しいポイント。飾る分だけ持ち帰って、お家に秋の彩りを添えてみませんか?

<周辺立ち寄りスポット>

綾部市は繊維製品メーカーで知られるグンゼ株式会社発祥の地。かつての繭蔵を利用して作られた「グンゼ博物苑」では、グンゼの歴史や最新製品の技術が紹介されています。実はグンゼって繊維製品だけでなくタッチパネルや生体吸収ポリマーによる医療器材なども製造しているんですよ。

グンゼ博物苑のすぐ近くには「グンゼ記念館」もあり、毎週金曜日にのみ一般公開がされています。歴史的資料のほか、レトロクラシックな近代建築が魅力的ですよ。

グンゼ博物苑の取材記事はこちら↓

■■INFORMATION■■

由良川花庭園
住所:京都府綾部市青野町東吉美前64−1
電話:0773-42-9550(綾部市観光協会)
開園時間:自由開放
定休日:なし
入園料:無料

  • source:KYOTO SIDE
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

WebSite

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
【2023】京都でコスモス畑行くならここ。ロマンチックな秋散歩へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます