旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

【東京】時代は「デザイナーズ銭湯」。470円で楽しめる都内の豪華な銭湯5選

湊湯/八丁堀

中央区八丁堀にあるサウナ付きの銭湯「湊湯」。モダンなデザインに加えて、ここの特徴は2種類のお風呂です。

広々としたスタイリッシュな浴槽。image by:湊湯

血液の循環を良くする超微細気泡の「シルク風呂」と、浴槽内の電極間に微弱な電気が流れる「でんき風呂」の2タイプのお風呂が楽しめます。

なお、浴場内のお湯と水には、すべて水中のミネラルを取り除いた軟水を使用しているそうです。肌に優しく、保温・保湿効果に優れているため、アトピーや乾燥肌の方にもおすすめなんだとか!

モダンなスタイルのサウナで安らぎのひととき。image by:湊湯

また別途料金がかかりますが、遠赤外線を使用した「コンフォートサウナ」と、熱した石に水滴を落とす「ロッキーサウナ」の2種類のサウナも人気です。

  • 湊湯
  • 東京都中央区湊1-6-2
  • 03-3551-0667
  • 八丁堀
  • 大人470円(サウナ代別)
  • 定休日:土曜
  • 15:00〜24:00
  • 公式サイト
  • サウナ:15:00〜24:00(最終受付23:00)、新型コロナウイルス予防のため、時間・人数制限を行っています。

ふくの湯/文京区本駒込

image by:編集部

2011(平成23)年に新たな装いになった、文京区にある「ふくの湯」。入り口上部にひょうたんのような穴がある、一際目を引く和風モダンのようなデザインが特徴です。

店内のカラーリングは「お客様にも福がくるように」という心遣いから、風水の理論を参考にした配色になっています。

image by:編集部

浴室は男女週替わりで、鳥取県の三朝温泉をモデルとした人工ラジウム温泉、ボディジェット、エステジェットバスがそろっています。

疲れた大人なら外せないのが、天然生薬を中心とした薬湯「弁財天の湯」。さらに大人一人が入れる陶器製のつぼ湯、座風呂、檜湯もあり、かなり充実度の高い銭湯です。

  • ふくの湯
  • 東京都文京区千駄木5-41-5
  • 03-3823-0371
  • 本駒込
  • 大人470円
  • 定休日:なし
  • 平日11:00〜24:00/土日祝8:00〜24:00
  • 公式サイト

清水湯/武蔵小山

玄関では植栽のあかりがお出迎え。image by:清水湯

1924(大正13)年から続く武蔵小山にある温泉「清水湯」は、2008(平成20)年にリニューアルしました。


内観・外観ともにオシャレな装い。まるでどこかの旅館のようですね。「銭湯」とは思えないスタイリッシュさ。

落ち着く照明に照らされた玄関。image by:清水湯
女湯洗い場もオシャレな装い。image by:清水湯

こちらの温泉では2種類の温泉が楽しめます。そのひとつが100~200万年前の地層から湧き出る「黒湯温泉」。

東京都内の黒湯の中でもキメが細かく、澄んだ濃い目の琥珀色の上質の温泉だそうです。新鮮なミネラル成分を蓄え、また保湿、保温の作用があるので美肌にも効果的です。

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩などの症状緩和にも期待できるといわれています。

黒湯露天風呂。image by:清水湯

500万年前の上総層群の地層、深さ1,500mから湧出したのが、もうひとつの「黄金の湯」。

img04
image by:清水湯

切り傷、擦り傷、のどの痛みなどに効果が期待できるといわれているヨード成分が含まれています。健康増進、切り傷、やけど、慢性皮膚病などの症状にもおすすめだそう。

また別途料金がかかりますが、サウナや岩盤浴の設備も充実しています。

従来の銭湯をは思えない「女子露天風呂」image by:清水湯
  • 清水湯
  • 東京都品川区小山3-9-1
  • 03-3781-0575
  • 武蔵小山
  • 大人470円(岩盤浴1,400円<女性専用>、サウナ400円)
  • 定休日:月曜日(祝日営業)
  • 平日12:00~24:00/土祝12:00~24:00/日8:00~24:00
  • 公式サイト

肌寒くなるこれからの季節。いままでのイメージをひっくり返えす「デザイナーズ銭湯」に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

  • image by:湊湯
  • ※初回掲載2016/07/06、更新2020/11/11
  • ※掲載時点の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

WebSite / Twitter / Facebook / Instagram / Mail magazine

【東京】時代は「デザイナーズ銭湯」。470円で楽しめる都内の豪華な銭湯5選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます