旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

「すごい」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違っててすごい

ニッポン津々浦々
ニッポン津々浦々
2020/01/10

「なまら」「わや」/北海道・東北地方

北海道・小樽 image by:Sean Pavone/Shutterstock.com

なまら/北海道

わや、たげ/青森県

らずもね/岩手県

いぎなり/宮城県

ばげぇに/福島県

しったげ/秋田県

すこだま/山形県

あまり雪の降らない地方から見れば、同じ雪国のイメージが強い北海道と東北地域ですが、方言にはそれぞれ独特の言い回しがあります。

例えば、北海道の「なまら」ですが、そもそも北海道の土地は広大なため、道内でも方言にも差があります。でも、この「なまら」は道民だったら誰もが知る共通の言葉といってもいいでしょう。

青森県では、県内で使われる「わや」と、弘前周辺で使われる「たげ」の2通りがあります。そのほかにも、どこか雪国の匂いがするインパクトのある言葉が並んでいますね。

なお、「すこだま」は「しこたま(すごいたくさん)」から発生したものともいわれており、厳密には「すごい」単体の意味ではありません。

本業は某百貨店などのグルメ系イベント企画。日本全国をめぐりすぎて詳しくなってしまったため、紙・Webなど幅広くグルメ・旅行ライターをやっています。

「すごい」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違っててすごい
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます