旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

地元は本気だ。全国各地に実際にある「ちょっと変な条例」

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2016/11/23

『梅干しでおにぎり条例』(和歌山県 みなべ町)

高級ブランド「南高梅」

和歌山県みなべ町といえば、梅です。そう、ここは日本一の梅の里で、あの梅の有名ブランド「南高梅」発祥の地なんです。果肉が厚くて柔らかいのが特徴の最高級品。梅干しや梅酒として加工されます。

その町が制定した条例というのが、「梅干しでおにぎり条例」です。全国的に梅干し離れが進む中で、梅干しを普及したいとの思いで2014年からスタートしました。

町民は梅干しでおにぎりや梅製品の普及促進に協力し、町民自ら健康の増進に努める
(第4条)

町をあげて、梅干しの普及に力を入れているんですね。

ちなみに、みなべ町は「うめ課」もあるそうです。

梅干しでおにぎり条例

 

『トマトで健康づくり条例 』(愛知県 東海市)

愛知県東海市がトマトケチャップでおなじみの「カゴメ株式会社」の発祥の地だって、ご存知でしたか? 創業者である蟹江一太郎氏が、明治32年に荒尾町でトマトの栽培に挑戦し、発芽に成功したのが始まりだそうです。

2014年に「トマトで健康づくり条例」という、なんとも健康志向な条例を定めました。条例の中には、「トマトジュースで乾杯しよう!」といったものまであります。なんと、同市には、ひねるとトマトジュースが出ていくる、夢見たいな『トマトジュースがでる“蛇口”』なるものがあるらしいです。

 

141010004

image by: カゴメ

これは、カゴメから寄贈されたもので、定期的なイベントの場でお目にかかれるようです。


トマトで健康づくり条例

 

その他にも、お茶の名産地である静岡市が制定した「めざせ茶どころ日本一条例」や、北海道・中標津町の「牛乳で乾杯条例」などがあります。

 

次は、ユニークな条例で町おこしをする市町村の紹介です。

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

地元は本気だ。全国各地に実際にある「ちょっと変な条例」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 海外がビビった。戦前の日本人女性のファッションがモダンすぎる ★ 4520
 大分 女子高生が温泉でシンクロ。大分県の温泉動画第二弾がキラキラしてる ★ 2347
 全国 「すごい」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違っててすごい ★ 4800
  まるでラピュタな世界。ロマンをかき立てる日本の隠れた「小島」5選 ★ 803
 東京 商店街にはヒーローが必要なんだ。板橋「まちづくりプロレス」誕生秘話 ★ 149
 東京 東京なのにダムがある。魚道も備えた「白丸ダム」に日帰り探検 ★ 61