旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

奪われる「生活の足」。地方の高齢者は免許返納をどう乗り越えるのか?

松本すみ子
松本すみ子
2017/06/28

「自動運転車の普及」にはまだ時間がかかる

高齢者の交通事故を高齢者の運転技術の問題として片づけるのは単純過ぎる。年齢にかかわらず、そもそも運転が苦手な人も多い。ペーパードライバーも少なくない。変わるべきなのは、人ではなくて車である。

人にやさしい車はなにかと考えたら、代表的なものに「自動運転車」がある。早く充分な性能を備えて、一般に普及するようになれば、少なくとも、高齢者やペーパードライバーには大きな変化が訪れる。

まず、今まで問題だった過疎地の買い物難民はいなくなる。お年寄りが自分で自動運転車に乗って買い物に出かけてもいいし、食品や日用品を積んだ無人運転者が定期的に地域に来てくれるなんてことも可能だ。通院も同じ。自分の車で行くか、あるいは、やはり無人運転のお迎え車がやってくる。

運転技術に関係なく、自分で好きな時に、好きなところに行くことが可能になれば、誰のお世話にならずとも、人に会いに行ったり、好きなものを食べに行ったり、映画を見たり、急に思い立ってお墓参りすることも簡単だ。早くこうした時代になってもらいたい。
ただし、そうなるには、技術的にも、運用的にもまだまだ時間がかかるらしい。

松本すみ子

シニアライフアドバイザー。2000年から団塊・シニア世代のライフスタイルや動向を調査し、発信中。全国各地の自治体で「地域デビュー講座」の講師なども務める日々。当事者目線を重視しています。
http://www.arias.co.jp/

奪われる「生活の足」。地方の高齢者は免許返納をどう乗り越えるのか?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ
 全国 「ありがとう」がもらえる仕事。リタイア世代が始めた介護タクシー ★ 80
 全国 うれしい補助金も。定年後の「街おこし」で利用すべき便利な制度 ★ 74
 全国 なぜシニア世代は「Facebook」を好むのか? その理由に思わず納得 ★ 1945
 その他のエリア リタイア世代は「日本の大災害」をどのように後世に伝えればいいのか? ★ 29