ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

【海外の町おこし】街中をハッピーにするフランスのトリックアート

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2017/07/25

「眼を騙す」を意味するフランス語が語源の「トロンプ・ルイユ(Trompe-l’œil)」とは、騙し絵のことで、昔から芸術分野で用いられてきた手法と技法のこと。現在ではトリックアートとも呼ばれています。例えば、そこに存在しない窓や人物、風景など描き、あたかも存在するように見かける絵のことを言います。いま、フランス人アーティストPatrick Commecyさんが手がけたトリックアートが話題になっています。思わず騙される、ドキッとさせるハイパーリアルな絵が、町中を活気づかせています。

ルネッサンス時代を再現?

絵が描かれる前と比べると、街の雰囲気も全然違いますね。ここの一角だけ、たちまち活気づいた雰囲気がでています。タイトル通りにここはルネッサンス時代なのでしょうか。中には現代風の格好をした旅行者も混じっています。中世と現代の共存でしょうか。石階段を駆け上がっていけそうな気になりますね。

1

2

 

自由に遊ぶ子供たち 

子供たちが遊んでいる様子が描かれていますが、飛び出して見えますね。思わず騙される、躍動感がありすぎる作品です。

2

 

フランスの俳優が集結 

アパルトマンのバルコニーからは様々な人間模様が描かれています。階下にはよく見てみると、フランスを代表する大物たちが優雅にカフェでくつろいじゃっています。

ジョゼ・ガルシア、マリオン・コティヤール、クロヴィス・コルニアックなどの姿も。


123

 

1234

 

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

【海外の町おこし】街中をハッピーにするフランスのトリックアート
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 アジア インドネシアの村、カラフルに塗ったら観光客が殺到【世界の街おこし事例】 ★ 323
 全国 「すごい」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違っててすごい ★ 3405
 東京 渋谷・道玄坂の由来は山賊だった? ハチが愛した渋谷の地名散歩 ★ 303
 東京 生涯で46回も引っ越し。江戸川乱歩の名作舞台を辿る東京地名散歩 ★ 127
 東京 竹下通りができる前、若者が知らない「原宿」の歴史【東京地名散歩】 ★ 488