ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

鏡張りのような美しい紅葉も。京都を美しく撮れる紅葉エリア10選

TRiP EDiTOR編集部
2017/10/04

回遊式庭園の紅葉「圓光寺」

Enkouji

image by: Flickr /Patrick Vierthaler

平成より庭園を開放して以来、近年では紅葉を見に国内、海外から大勢の拝観者がやってくる「園光寺(えんこうじ)」。寺院内には至るところに紅葉スポットが溢れていますが、なんといっても室内から眺める池泉回遊式庭園の「十牛之庭(じゅうぎゅうのにわ)」は格別の風情が漂います。

 

動画でも秋の圓光寺をチェック!

 

見頃:11月中旬~12月上旬頃
拝観料:500円
住所:京都市左京区一乗寺小谷町十三番地
公式サイト

 

人生の儚さを感じさせる2つの窓「源光庵」

genkoan

image by: Photozou / toto 

源光庵(げんこうあん)」は1346年に創建された寺。このお寺の有名な紅葉スポットは「悟りの窓」と「迷いの窓」から覗いた紅葉。

丸い形をしているのが「悟りの窓」。丸い形は大宇宙を表現。ありのままの自然の姿、清らかを意味する「禅と円通」の心が表現されています。

一方、四角い形の「迷いの窓」は、「人間の生涯」を4つの角で象徴。迷いとは「釈迦の四苦」のことです。この時期、この2つの窓からは鮮やかな紅葉が。まさに、人生の哲学を感じさせる紅葉スポットです。

 

見頃:例年11月中旬ごろ
拝観料:大人400円(11月は500円)
住所:京都市北区鷹峯北鷹峯町47

 

庭の紅葉が素晴らしい!「東福寺」

toufukuji

image by: Flickr / juson.tw

京都駅から近い場所にある「東福寺」。境内にある通天橋は紅葉の名所として知られており、毎年紅葉シーズンには全国から観光客が押し寄せます。

通天モミジ」と呼ばれる三葉楓や楓の木が多数植えられ、その見事な赤色に染まった景色は見たものを虜にします。国指定の名勝となった「東福寺本坊庭園」も見所のひとつ。鎌倉時代の庭園風景を体感できます。

 

ayaka.nさん(@521pon)がシェアした投稿

 

見頃:11月下旬~12月上旬
拝観料:通天橋・開山堂 400円 / 国指定名勝 東福寺本坊庭園 400円
住所:京都府京都市東山区本町十五丁目778番地
公式サイト

 

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

鏡張りのような美しい紅葉も。京都を美しく撮れる紅葉エリア10選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 京都 京都の紅葉名所「瑠璃光院」の床もみじが圧巻の美しさ! ★ 52
 静岡 別名「天空の湖」。群馬にある「野反湖」が息を呑むほど美しい ★ 871
 埼玉 ほんとにトトロいたんだもん。埼玉に実在する「トトロの森」に潜入 ★ 298
 京都 外国人が殺到する城崎温泉、どうやって訪日観光客を36倍に伸ばしたか? ★ 3523
 中国 さよなら、JR三江線。日本の美しいローカル路線がまたひとつ廃線へ ★ 940
 北海道 札幌大通公園で撮影された、季節外れの雪と紅葉のコラボが美しい ★ 27