旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

猛暑に見たい滝の映像。軽井沢の名瀑を訪れる

まつこ
まつこ
2015/07/22

関東地域でも7/19に梅雨明けが発表されましたが、連日の猛暑で、すでに夏バテ気味の方も多いのではないでしょうか。どこか涼しいところへ行きたいなぁ……という人のためにご紹介したいのが、無料メルマガ『花の名所案内マガジン』から届いた滝の映像。思わず行った気になれる夏の軽井沢をご堪能ください。

夏の軽井沢の滝(白糸の滝・魚止めの滝・浅間大滝)

白糸の滝

白糸の滝画像

旧軽井沢の湯川源泉にある「白糸の滝」は、高さ3m、幅70m。湾曲した岸壁から水が流れ落ちる様子が白糸のように見えるということで、その名がついたと言われています。観光シーズンは駐車場に入れなくなるほどの人気なので、見に行くなら早朝がおすすめです。

浅間大滝

浅間大滝画像

「浅間大滝」は、北軽井沢の群馬県側では最大の滝です。幅2m、高さ10mの滝の真下まで近づけます。マイナスイオンたっぷりの水しぶきを浴びれば、夏の暑さも清々しく感じられるはず。

駐車場から滝まで歩いて5分ほどで、遊歩道も整備されていますので、子供からお年寄りまで気軽に行けますよ。

魚止めの滝

魚止めの滝画像

先にご紹介した浅間大滝から歩いて5分ほどで着く「魚止めの滝」は、「魚が登りきれないほど激しい滝」という名前の由来があるそうです。

3段の大きな階段状の岩場から跳ねる水しぶきは大迫力。川が比較的浅いので、長靴で川まで入って写真が撮れます。

水しぶきをあげて清らかな水が流れ落ちる様は、早朝の朝日と交わると幻想的な雰囲気になることも。美しい映像に魅せられてしまったからには、自然が生み出すマイナスイオンを体感せずにはいられません。

無料メルマガ配信中

花の名所案内マガジン 【無料 週刊】
全国の花の名所の見頃の開花情報に、花に関する雑学、季節の話題を、お届けする週刊の情報マガジン。花の旅が好きな方には必見!さらに花の名所のイベント情報や紅葉の見頃、雪見の名所、イルミネーションなど各ホームページと連動して日本の四季が毎週、楽しめます。


白糸の滝

住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉

浅間大滝・魚止めの滝

住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢

image by:花の名所案内マガジン

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

まつこ

おんせん県(大分県)生まれ。
好きな大分料理は「吉野鶏めし」、もちろん冷蔵庫に「かぼす胡椒」は欠かせない。現在は、持ち前の酒飲み女っぷりを発揮し、東京の飲み屋をさまよう日々。

猛暑に見たい滝の映像。軽井沢の名瀑を訪れる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい