実写「魔女の宅急便」のロケ地にも! 小豆島で見つける幸せファンタジー

Array
2018/03/03

「なかぶ庵」でオリーブそうめん作りを体験

小豆島の「なかぶ庵」は昭和45年に創業。半世紀にわたりそうめんの製造販売をしている工場です。なかぶ庵さんは、製造販売の他、工場見学も行っている人気観光スポットです。
うどんやそば打ちの体験ができるところは多いですが、そうめん作り体験は珍しい

社長の中武義景さんが工場を案内してくれる

まずは工場見学から。社長の中武義景さんが工場を案内してくれ、「オリーブそうめん」を作るところの説明を聞きました。小豆島で400年前から受け継がれているそうめん作りの技を生かした「なかぶ庵」の生そうめんは、一般的な乾麺とは違い、今までになかったツルツル、モチモチした食感が特徴です。


そうめんは、乾燥したものが一般的には「そうめん」と呼ばれていますが、そうめん製造が稼業だった中武さんは幼いころに乾燥前の“未完成そうめん”をお昼ご飯に食べていました。製造元に生まれたからこそ食べられる「生そうめん」のなつかしい味を再現し、食卓で楽しんでもらいたいと思った中武さんは、10年がかりで「オリーブ生そうめん」を開発しました。

二本の棒を使って、そうめんを伸ばしていく

自社農園産100%のオリーブ果実を麺に練り込み、麺の表面に自社製のエクストラバージンオイルを麺の表面に塗って手延べしています。


工場見学が終わったら、次はそうめんの手延べ体験。2本の棒を持って伸ばしていくのですが、簡単そうに見えて、なかなか難しい!!動きは単純なのですが、引っ張る力などバランスよくやらないと、次々にそうめんが切れてしまい、すごく焦ります(汗)
体験の後は、オリーブ生そうめんを試食することができます。(見学コースにより、食事も可※オリーブ生そうめんは期間限定のため、事前に要確認)


普通のそうめんと、オリーブ生そうめん、オリーブの新漬けがテーブルに運ばれてきました。茹で上げたばかりのそうめんを、さっそくいただきます♪


弾けるような弾力と心地よいのど越し、ツヤツヤと光沢を放つ美しい翡翠色の麺は、見た目も味も絶品。小豆島のお土産にとってもお勧めです。

観光地情報

いま読まれてます
 香川 日本で「オリーブ」をカルチャーに成長させた香川県・小豆島の知恵 ★ 162
 京都 歴代の皇后も参拝。全国でも珍しい女性守護の神社「いちひめ神社」 ★ 286
 香川 100年生きる、日本最古の原木。葉まで味わい尽くす小豆島のオリーブ ★ 126
 全国 なぜ島根が1位?外国人観光客に人気の旅行エリアランキング ★ 2006
 奈良 日本人が500年受け継いできた「吉野杉と吉野桧」という伝統 ★ 80
 国内 京都に飽きた外国人たちが次に向かっている、古き良き「宿場町」 ★ 956
エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
実写「魔女の宅急便」のロケ地にも! 小豆島で見つける幸せファンタジー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます