旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

美しい沖縄の離島・瀬長島で新体験。最新「没入型」プロジェクションマッピング

TRiP EDiTOR ニュース
2018/11/16

沖縄の玄関口、那覇から最も近い離島である瀬長島は、美しい夕日の名所としても人気のデートスポットです。2012年には温泉施設「琉球温泉・龍神の湯」が、翌年には「瀬長島ホテル」がオープン。2015年には、山の斜面を活用した商業施設「ウミカジテラス」ができ、ますます注目を集めています。

そんな瀬長島が、2018年秋、映像と光・音楽による空間演出の魔術師「ネイキッド(NAKED)」とコラボレーションし、島の歴史や伝統、自然、生き物などをもとに紡ぎあげたプロジェクションマッピングショーSenaga Starry Night-陽が沈む島の星物語-」を開催します。今回はこのわくわくするようなイベントと、瀬長島の魅力についてご紹介します。

沖縄のオアシスとして注目を集める「瀬長島」

image by:Koenig aus Japan/Shutterstock.com

今回のイベントの舞台となる瀬長島は、沖縄県の豊美城市にあります。空港のある那覇市からは車で約10~15分。本島とは600mの海中道路でつながっています。豊美城(とよみぐすく)発祥の地ともいわれている瀬長島は、琉球国を創った女神アマミキヨの子である、南海大神加那志(なんかいうふがみかなし)が最初に暮らした島という伝説が残されているそうです。

沖縄で美しいビーチリゾートをのんびりと楽しみたい場合、自然が豊かに残されている中部や北部へ移動してというのがいままでのパターンでした。しかし、瀬長島がリゾートアイランドとして整備されたことで、那覇からほど近いのに透き通るように美しいコバルトブルーの海と、晴れた日は遠く慶良間諸島までを望む絶景ロケーションを満喫できるようになりました。

南イタリアのアマルフィ海岸やエーゲ海に浮かぶサントリーニ島をイメージしたというおしゃれな街並みは、ここが日本であることを忘れさせてしまうほどです。島にある琉球温泉「龍神の湯」には、立ったまま入れる「立ち露天風呂」が名物です。目の前を遮るものが何もなく、昼は大海原、夜は満点の星空を思う存分堪能できます。

ウミカジテラス」にはバリエーション豊富なレストランがありますが、リゾート内ではBBQもできるので、大勢でわいわい過ごしたい時も便利。沖縄では珍しい足湯もあるので、ドリンクやスイーツ片手にくつろぐこともできます。沖縄旅行の最終日、フライト時間までここで最後のビーチリゾートを楽しむというプランが大人気なのもうなずけます。

沖縄はリゾートを除き、夜はお酒を楽しむ以外の娯楽が少ないといわれてきました。そこで繁華街からもほど近い瀬長島でプロジェクションマッピングショーを開催し、観光客はもちろん、ウチナンチュー(沖縄地元民)にも楽しんでもらえればという思いでスタートしたのが「Senaga Starry Night-陽が沈む島の星物語-」です。

夕日が沈む絶景スポットとして有名になった瀬長島は、沖縄の西に位置するため「太陽が沈む島」ともいわれています。そして今回のイベントの舞台となるのが島でも最大級の商業施設「ウミカジテラス」。島の西側斜面に階段状に連なる約30店舗の大階段に、オリジナル映像をプロジェクションマッピングで映し出そうという試みです。

今までのイルミネーションは、単に光の電飾を使って空間を演出し、目で見て楽しむ“鑑賞型”が主流でしたが、ネイキッドは、それをさらに進化させました。空間や建物など立体的な投影物を使ったプロジェクションマッピングや、人の動きに反応して演出が変化するインタラクションなどの技術を使い、来場者もその一部となる“体験型”を演出します。


さらに今冬からは、それぞれの場所が持つ歴史や伝統、そこで伝えたいメッセージなどを盛り込んだストーリー性のある光の演出で、さらにステップアップした“没入型(イマーシブ)”のイルミネーションを作り出そうというチャレンジをしています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

わったんさん(@wattan4646)がシェアした投稿

“没入型(イマーシブ)”とは、物語に自分が入り込むような体験ができる新しいスタイルのイルミネーション。バーチャルとリアルの境目を超えて、作品の世界観にどっぷり浸れるドラマティックな体験を仕掛けてきます。映画制作を原点にしているネイキッドならではのクオリティの高さで、瀬長島の物語にとことんのめりこませてくれます。

瀬長島近郊に実在する「くじら島」をモチーフとした生き物や、輝く星々が空間を埋め尽くすなど、神秘的な星の海の世界を表現するショーは、普段は体験できないような幻想的で臨場感あふれる時間を過ごさせてくれるはず。

開催期間は2018年11月3日(土)~2019年1月31日(木)まで。年末年始や連休を除き、沖縄旅行の費用が安くなるこの機会にぜひ、瀬長島へ足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

観光地情報
  • 「Senaga Starry Night-陽が沈む島の星物語-」
  • 沖縄県豊見城市174-6(瀬長島ウミカジテラス ステージ前 階段)
  • 開催期間 :2018年11月3日(土)〜2019年1月31日(木)
  • 投影時間:19:00~22:00 (日没時間によりスタート時間変動あり)
  • https://umikajinight.info

source:PR TIMES

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

美しい沖縄の離島・瀬長島で新体験。最新「没入型」プロジェクションマッピング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験
 国内 あの絶景を鉄道で。憧れの全国「観光列車」ランキング TOP10 ★ 351
 国内 心奪われる秋の絶景。日本の美しい紅葉スポット10選 ★ 345
 国内 秋の絶景を車窓から。紅葉に出会えるローカル列車の旅 ★ 707
 全国 なぜ長野県がトップ独占? 全国の星空「観賞」旅行ランキング ★ 259
 国内 夜の動物園に、夜の水族館……全国で人気拡大「夜の○○」施設 ★ 129