旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

一度は行きたい全国の「小京都」ランキング【四国・中国・九州編】

TRiP EDiTOR ニュース
2019/01/02

日本各地には、「京都」の風情に似た「小京都」と呼ばれる、本場京都におとらない魅力を持った街が多数あります。

そこで今回はそんな各地の小京都の中から、ランキングサイト「ランキングー」で10~60代の男女1万2267名を対象に「行ってみたい『小京都』観光ランキング<四国・中国・九州編」で選ばれた、四国・中国・九州エリアの人気「小京都TOP5をご紹介いたします。

第5位 島根県 松江

image by:Y.K/Shutterstock.com

第5位には島根県松江がランクインしました。松江市は松江藩の城下町を中心に発展してきた山陰地方最大の人口を持つ中心都市です。

image by:KEIKOMS/Shutterstock.com

松江城の城下町として栄え、その風情は「島根県の小京都」と呼ばれています。「怪談」の作者である小泉八雲ことラフカディオ・ハーンが暮らした街としても有名です。

宍道湖(image by:YUTA99I/Shutterstock.com)

また松江は「小京都」であるばかりではなく、「水の都」としても有名です。のんびりと巡る堀川遊覧船、温泉街がある宍道湖、そして夕陽の美しい日本海など、川や湖、そして海が美しい街でもあります。

第4位 佐賀県 伊万里

image by:ajisai13/Shutterstock.com

4位には佐賀県伊万里がランクインしました。伊万里といえば、陶器で有名な街です。江戸時代から引き継がれる伝統技術である伊万里焼の体験工房やギャラリー、また江戸時代の窯跡などが観光でき、焼物の世界や歴史を楽しめます。

image by:ajisai13/Shutterstock.com

今回のランキング調査では「伊万里焼の窯元を見てみたい」、「焼物の絵付け体験をしてみたい」など、うつわファンの声も聞かれたそうです。

また、伊万里のすぐ近くには有田焼で有名な有田もあります。伊万里焼と有田焼が同時に楽しめる、うつわファンにはたまらないエリアなのです。


TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

一度は行きたい全国の「小京都」ランキング【四国・中国・九州編】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 国内 卵焼きにマヨネーズ? 日本の「おかずに何かける論争」外国人はどっち? ★ 177
 台湾 台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 ★ 45
 国内 ここの郷土料理は美味しいと思う「都道府県ランキング」TOP10 ★ 433
 国内 なぜ人々は「小京都」より「小江戸」に行きたくなるのか? ★ 143
 全国 「すごい」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違っててすごい ★ 4692