旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

国内最高峰のパワスポも。死ぬまでに行きたい「神社仏閣」10選

TRiP EDiTOR ニュース
2019/11/02

第6位 中尊寺/岩手県

「経蔵」image by:yspbqh14/Shutterstock.com

第6位にランクインした「中尊寺」は、岩手県西磐井郡平泉町にある天台宗東北大本山の寺院です。奥州藤原氏三代ゆかりの寺として有名で、平安時代の美術、工芸、建築の粋を集めた金色堂を始め、多くの文化財を有しています。

また境内は「中尊寺境内」として、国の特別史跡に指定されています。さらに2011年には、「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の構成資産のひとつとして、世界遺産に登録されました。

第5位 日光東照宮/栃木県

image by:Patryk Kosmider/Shutterstock.com

第5位の「日光東照宮」は栃木県日光市にある神社で、江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を祀っています。

日本を代表する世界遺産「日光の社寺」のなかでも、もっとも有名な神社といえるのではないでしょうか。

内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並んでいます。その豪華絢爛な美しさは、まさに圧巻です。

第4位 厳島神社/広島県

image by:Sean Pavone/Shutterstock.com

第4位の広島県の「厳島神社」は593(推古天皇元)年に創建されたと伝えられており、島全体が神の島として崇められていたため、海の中に鳥居が建てられたそうです。1146(久安2)年に平清盛が社殿を現在の姿に造営しました。

国宝・重要文化財の建造物は17棟3基・美術工芸55点など約260点をはじめ、廻廊45間、西廻廊62間。さらに本社のほかに客神社・朝座屋・祓殿・高舞台・平舞台・左右門客神社・火焼前・大国神社・天神社・能舞台・反橋・長橋・揚水橋・内侍橋の建物構造群からなっています。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

国内最高峰のパワスポも。死ぬまでに行きたい「神社仏閣」10選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験