旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

冬の芸術作品。都内で見られる氷爆「払沢の滝」

梅原 慎治
梅原 慎治
2019/02/06

滝が見えてきました
うっすらと凍っています

肝心の払沢の滝ですが、2019年の1月中は氷結具合がイマイチだったのですが、訪れた日にはいくらか凍っていました。

前日はほとんど凍っていないという情報を得ていたので、少しでも凍っている状態を見ることができたのは嬉しい限りです。

氷結部分は実際の水の流れよりも広い範囲に及んでいるので、凍った滝は夏の滝よりも見応えがあるように思えます。

完全凍結していないこの状態でもそう感じるので、完全に凍結した場合には、さらに迫力を感じられそうですね。

色々な角度から見る事ができるのも魅力です

近年は冬場でも暖かいこともあり、完全凍結は少なくなっているようで、2018年1月には、なんと12年ぶりに完全凍結したと話題になっていました。

こういった事情から、近年では「最も凍結度が高くなる日が何日になるか?」というクイズを村ぐるみ行うほど、珍しい現象となっているようです。

正面から見た払沢の滝
凍った部分をクローズアップすると、迫力があります

関東の氷瀑というと茨城の「袋田の滝」が有名ですが、東京都内でこういった氷瀑を見ることができ、しかもそれが日本の滝100選に入っているというのは、とても貴重ですよね。


なお最寄りの駐車場には十数台分のスペースがありますが、氷結時期は朝から混雑することがあるようです。また、筆者が訪れたときもそうだったのですが、夕方以降になると路面凍結の危険性があるため、路上に塩化カルシウムが蒔かれます。

駐車場までは舗装路にてアクセスすることができますが、寒い場所であり、道も狭いところがあるので、訪れる際には十分に注意をしてください。

完全凍結した払沢の滝 image by:photoAC

2月に入ると一層冷え込みが増すことが予想されるので、氷結率も上がってくるのではないでしょうか。珍しい都内の氷瀑、凍結率が高いほど写真映えすることは間違いなしですね。

また2019年3月17日まで開催している「払沢の滝冬まつり」ではフォトコンテストなども行なっているので、運試しや話題作りの一環として、実際に足を運んでみてはいかがでしょうか。

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

梅原 慎治

埼玉県生まれ、都内在住のツーリングライター。主に関東近郊を走り周り、美味しい物や良い景色などを見つけて楽しんでいる。趣味としてフルコンタクト系の空手も嗜んでいる。

冬の芸術作品。都内で見られる氷爆「払沢の滝」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 東京 ここはドラクエのダンジョンか。東京にある「日原鍾乳洞」で日帰り探検 ★ 90
 埼玉 30秒ですぐ絶景。埼玉の秘境「三波渓谷」で出会った神秘的な景色 ★ 120
 埼玉 ムーミン谷化が進行中。埼玉県の湖畔に広がる「メッツァビレッジ」 ★ 196